大切な食を考える肉食をするということ3 第 106 号

最近ではあまり云われなくなりましたが、羊のドリーはクローンです。

どの羊も、すべてが同じ細胞を持つ羊なのです。

つまり、美味しいお肉だったら、その細胞を増殖させれば、常に一定レベルのお肉を

作ることができるのです。

これは、肉に限ったことではありませんよね。

野菜もF1と云われているものは、品種改良をしているので、同じような野菜が育ちます。

見た目の形や大きさ、ツヤがほとんど同じ。でも、これは生産者からしてみれば、

同じ品質を常に提供できるという利点があります。

規格内で収め、農協に買い取ってもらわなくては農家も生活ができないのです。

最近では、人参も円錐形ではなく、円柱形のものが出まわっています。

輪切りにした時に、どこを切っても同じ大きさで、お惣菜やさんは便利ですよね。

特に花型にくり抜くなら、どれも同じ輪切りになってくれたほうが便利。

そう。今の食材は、栄養云々ではなくいかに便利か。どれだけ見た目がキレイか。

どれも同じ味を提供できるのか。それが重要視されているのです。

私から見れば、同じ形の野菜も同じ細胞の家畜も同じレベルの食材です。

気持ち悪いといえば気持ち悪いし、まぁそんなものといえばそんなものですね。

もっと云ってしまえば、本当に鳥や豚や牛の形をしているのかさえも、わからないのです。

ブロックになったら、みんな同じなんですよ。

では、私達が肉を食べる上で、気をつけなくてはいけないことは、何なのでしょうか。

少しくらい高くても──安売りの肉から比べたら、3倍くらいの肉が

売っていると思いますが──そんな肉を買う勇気を保つことです。

高くて買えないなら、肉の量を減らせばいいだけですよ。

良い肉をほんの少し、ダシ程度に食べる。

もしくは、毎日ハレの日のような食事はやめる。

こんな意識の持ち方だけでも、肉に対する考え方が違ってくるはずです。

◇◆──────────────────※

      気がつけば種なし      

 ※──────────────────◆◇

野菜もお花もF1は、種が育ちませんね。最近では、ないものもある。

つまらない時代になりました。

いや。。。つまらないなんて、云っていられない時代なのかもしれません。

子供が調理実習でサンドイッチを作るために食パンを買ってきた。

その食パンを前に母の講義「大手の食パンは、天板が焦げ付かないように

パラフィンを塗って焼いてあるのよ。パラフィンってロウソクのこと。

だから、市販のパンの耳はロウが付いているから捨ててもいいんだよ」

確かに。普段、市販のパンも食べたことがないと、そんなことも教えられないわね。

 【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士  佐野よう子さんのメルマガより引用

              http://mamakara.info/wp/

                     今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)