幕末の英傑・勝海舟の放つ言葉には心を強く鼓舞されるものがある 第 96 号

 江戸無血開城の立役者として知られる

幕末の英傑・勝海舟。

 坂本龍馬や西郷隆盛にも多大な影響を与えた

海舟の残した語録を、修身に役立てていた

だきたいとの願いから本書は誕生しました。

 米澤藩士の娘だった祖母の元で育った著者

は長年、武士道を通じて人の在り方を模索

してきたが、海舟はその具体的な行動

規範を教えてくれた師の一人で

あったといいます。

 その言葉は実に示唆に富み、痛快です。

 「世間に始終ありがちの困難が、一々頭脳

(あたま)にこたえるようでは、とても

大事業はできない」

 「男児世に処する、ただ誠意正心をもって

現在に応ずるだけのことさ」

「かえすがえすも、後進の書生に望むのは、

奮ってその身を世間の風浪に投じて、浮

かぶか沈むか、 生きるか死ぬるかの

処まで泳いでみることだ」

 絶体絶命の危地にあろうとも、針の穴ほど

の突破口から道を切り開いていった海舟

の放つ言葉には、心を強く鼓舞され

るものがあります。

 若い頃の極貧生活、二十回にも及ぶ

襲撃事件、大政奉還……。

 本書を通じて海舟の辿った苦悩や、激動

の幕末期が浮かび上がってくるのも

読みどころの一つ。

 自省自修の努力をせよ、無心になれ、逆風

を楽しめ、決然と事に当たれ、現世

での評価にこだわるな――。

 克己心を以て生涯を貫いた海舟の生き様

にいまこそ学びましょう。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一章 根を養う

第二章 己を鍛錬せよ

第三章 とらわれない

第四章 闘わず、負けず

第五章 誠さえあれば

・自省自修の努力をせよ

・無心になれ

・言わせておけ 

・忘れてしまえ 

・究極の健康法  

・礼をわきまえよ 

・名誉を先に求めるな 

・現世での評価にこだわるな 

・公平な考えで人を見抜け 

         ……etc

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  幕末の英傑・勝海舟語録、

   人間を磨く50訓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『活学新書 勝海舟修養訓』  石川真理子・著  

     【アマゾンで先行予約受付中】

      http://tinyurl.com/zswplm3

       今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)