『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』 第 112 号

『見栄講座』『気まぐれコンセプト』『東京いい店やれる店』のホイチョイ・

プロダクションズが、満を持して放つ使えるビジネス・マナーの決定版。

電通の「鬼」営業マン36人に徹底取材を敢行、そこから抽出した

「どんな人でも努力しないで必ず成功する気くばり」のポイントを36個厳選して

一冊にまとめた。

・プランニングや調査より、「気くばり」がおすすめだ。

・ことあるごとに、一緒に仕事をした電通の営業の人たちに、

「何か上から教わった営業のノウハウってない?」

と訊いて、メモるようになった。それをまとめたのが本書だ。

・土壇場で人を動かすのは「情」である。

・ビール瓶は、ラベルが得意先に見えるように置く。

・料理店で得意先を接待する際は、相手より先に箸を割らない、食べない、

飲まない、上着を脱がない。全部得意先がやってから。

得意先のビアグラスが30秒以上空のまま存在したら死刑。

・いただいた名刺は、しまう前に一文字残らず読む。

・常に爪を手入れしておく。ついでに言うと、得意先は服や靴の高級さ

ではなく、手入れの状態でキミの自己管理能力を判断する。

安物でいいから、ズボンのプレスと靴磨きは忘れずに。

・葬儀は必ず最後まで参列する。

・そもそも葬式は、相手のプライベートに食い込み、

個人情報を得る最大の好機。得意先の近親者の葬儀には真っ先に

駆けつけ、受付から駐車場の整理係まで雑用を残らず引き受け、

新盆には必ず花をお供えに行くべきだ。

・宴会やゴルフには、写真係を置く。

・見送りはタクシーが角を曲がるまでおじぎをつづける。

・どうでもいい小さい仕事ほど、すぐに片づける。

・安物の同じボールペンを必ず2本持ち歩く。

そして、相手がペンを持っていなかったら、あげる。

・プライドは高く、腰は低く。

圧倒的な人の動かし方を学んだ。つくづく人は理屈では動かない、

と感じる。

★ホイチョイ『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』

      の詳細,amazon購入はこちら↓

                  http://amzn.to/1niGI8n

                     今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)