人間として普遍的に正しいことを追求し.理想を追い続けよう 第 143 号

京セラ創業期のこと。

まだ経営者として経験の浅い

稲盛氏のもとに、決済を求めて

列をなす部下たち。

それに対して何を基準に

判断を下せばよいかと

逡巡した稲盛氏が

辿りついた結論とは──

稲盛氏が体験的に掴んだ

リーダー論に学びます!

────────『今日の注目の人』──

◆ 稲盛和夫氏のリーダー論 ◆

稲盛 和夫(京セラ名誉会長)

───────────────────

私は全く経営というものを

知らなかったのですが、

縁あって27歳のときに

京セラという会社を創っていただき、

経営することになりました。

従業員28名の小さな会社でしたが、

創業するとすぐに決めなくてはならない

ことが山ほど出てまいりました。

「これはどうしましょうか」

と次々社員が決済を求めてきます。

私にはそれまで経営の経験が

あるわけでもなく、

経済も経理も知りませんでしたが、

それでも判断を下して

いかなければなりません。

私は何を基準に判断していけばいいのか

判らず困り果てていました。

悩み続けた結果、

「人間として何が正しいのか」

をベースにして、つまり、

最も基本的な倫理観に基づき、

「人間として正しいことなのか」

「正しくないことなのか」

「善いことなのか」

「悪いことなのか」

を基準にして判断

していくことにしたのです。

現実の社会は、

不正が平然と行われていたり、

利己的で勝手な行動をとる

人がいたりと、決して理想的な

ものではないかもしれません。

しかし、世の中がどうであろうと、

私は「人間として何が正しいか」を

自らに問い、常にだれから見ても

正しいことを、つまり、

人間として普遍的に正しいことを追求し、

理想を追い続けようと決めたのです。

「人間として正しいことを追求する」

ということは、どのような状況に

おかれようと公正、公平、正義、努力、

勇気、博愛、謙虚、誠実というような

言葉で表現できるものを最も

大切な価値観として尊重し、

それに基づき行動しようというものです。

今考えてみますと、

何の経営の経験もない私が、

京セラやKDDIをそれなりの企業に

育てることができましたのも、

このような「人間として正しいこと」を

ひたすら追求してきたからだと思うのです。

      『致知』1997年11月号  連載「巻頭の言葉」

  今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)