人の体に合うミネラルバランスの取れた塩 第 125 号

塩分が気になります2

塩と言っても、世の中には多くの塩があります。

塩として売られているものでも、

・化学反応のをさせた塩

・海水に電極をさしてつくった塩

・海水を釜で煮て水分を飛ばしてつくった塩

・海藻で越した藻塩

・岩塩のように自然に干あがってできた塩

など、他にも出回っている塩には

いろんな種類があるんですね。

そして、あら塩のようにそのままの塩もあれば、

焼き塩のように焼いてにがりの働きを

弱めた塩もあります。

では、どのような塩を選んで食べたら

良いのでしょうか。

塩を選ぶ上で一番に気をつけなくてはいけないのが、

ミネラルバランスの取れた塩かどうかということです。

最初から化学反応を起こして

つくったNaClは論外ですね。

もちろん、海水から作られた塩でも電極をさして

塩を作っても、NaCl以外のミネラルは期待できません。

動物は、海から陸に上がるときに、海を体の

中に作ったと云われています。

つまり、海を携帯するようになったのです。

ですから、なるべく人の体と同じような

ミネラルバランスで、塩を摂るのが理想です。

人の体液がNaClだけではできていませんし、

昔の人は海の塩からミネラルを摂っていたと

考えれば、昔ながらの塩の作り方でできた

塩を摂ることが、人の体にあっているということが

分かります。

ところで、最近では岩塩が『美味しい塩』として、

売られているのを見かけます。

確かにNaClの食塩に比べたら、ミネラルが

含まれてるので、美味しいかもしれません。

しかし、御存知の通り岩塩には、濃いピンクの

ものや白っぽいものがあります。

大きな岩塩を見れば、グラデーションに

なっているのが分かるでしょう。

なぜ、このようになるのかというと、

ミネラル成分の濃度によって、固まるミネラルが

違ってくるからなのですね。

つまり、部分によって色が違う岩塩は、その色を

上手く混ぜて使わないと、ミネラルに偏りが

できてしまうことになるのです。

たまに食べる塩なら良いのですが、毎日の料理で

食べるなら、ミネラルバランスの取れた塩で

なくてはいけません。

毎日毎日の積み重ねは、習慣としてあなたの体に

定着していきます。

あなたの体を流れる塩として、どのような塩なら

良いのでしょうか。

良い血液を作る塩とは何か。

次回は、そんな話をしていきます。

◇◆──────────────────※

       塩はね、選ばないと。   

 ※──────────────────◆◇

たぶん、大きな勘違いをしている人もいるかも

しれないと思うのでいいますと、食べる量が多い

ほど体に影響すると思っているかもしれませんね。

でも食べる量ではないのです。

どんなことに使われるのかが、大切なのですね。

特に血液や体液になる成分は、微量だからこそ

注意深く選ぶ必要があるのですよ。

【イノチの塩】170g 2,160円

 http://genkikai.info/SHOP/oh0117.html

【塩】

 http://genkikai.info/SHOP/454002/458253/list.html

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

            佐野よう子さんのメルマガより引用

             http://mamakara.info/wp/

      今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)