塩分の働きを考え塩も大切な栄養素 第 134 号

塩分が気になります3 

塩にどんな働きがあったとしても、

実際に体に働いてくれなければ、結局は

机上の空論で終わってしまいます。

塩を体に負担なく摂り入れるためには、

どのようにしたら良いのでしょうか。

調味料としての塩は、なるべく焼き塩を

選ぶといいですね。

塩を焼くことで、にがり成分が体に負担のない

状態にするのは、何度かお話しをしている通りです。

味噌や醤油などの発酵調味料として

体内に摂り入れても、体に負担がかかりません。

発酵段階で大豆と塩の栄養素が結合して、

一緒に体内に吸収されることで、良質の血液を

作るもとになるのです。

発酵調味料の場合は、発酵している時間が

長いほど塩が野菜と馴染んで、体に優しい

塩になります。

体の弱い人や高齢の方は、長期発酵の

味噌や醤油をご利用ください。

ところで、野菜と塩をなじませるというのは

料理した時にも云えることですね。

野菜を塩で煮た料理と、煮た野菜に塩を振った

料理とでは、同じ成分を食べていても

体内への吸収のスピードが違うので、

血液の質に差がでてしまうと云われています。

でも、煮ることで野菜の栄養素と塩が、

化学反応を起こして結合するので、体内へ

同時に吸収されるんですね。

ちなみに煮る場合は、長時間火にかけることで、

塩が野菜の栄養素と結合するので、まろやかな

塩味になります。

世間では「塩は高血圧の元」と決めつけて

減塩をすすめていますが、血圧をあげるのではなく

血液を作るもとになれば、塩も大切な栄養素です。

日本は島国です。

大陸のど真ん中に住んでいる人は、塩に対して

体がどのような働きになっているか分かりません。

しかし、ご先祖様の生活からみても、

日本人の体は塩分に強いと感じています。

もちろん、海藻をたっぷりと食べていることが

上限になってくると思いますが。

3回に渡り、塩の食べ方を幾つかお話しましたが、

どれかをやるのではなく、どれもやってくださいね。

どれも、昔からの日本人の知恵ですよ。

◇◆──────────────────※

      漬物という方法も      

 ※──────────────────◆◇

漬物も塩分の塊という人もいますが、しょっぱい

漬物が産地のところは、寒い土地が多いですね。

そういえば『信州味噌』なんていうのもあるね。

たぶん、漬物や味噌から塩を摂って、血液に力を

つけていたのでしょうね。

寒いから、そうでもしないと身がもたないのかも。

ちゃんとした塩なら、怖がらずに塩を食べても

大丈夫ですよ。

【イノチの塩】170g 2,160円

 http://genkikai.info/SHOP/oh0117.html

【塩】

 http://genkikai.info/SHOP/454002/458253/list.html

【味噌】

 http://genkikai.info/SHOP/454002/454003/list.html

【醤油】

 http://genkikai.info/SHOP/454002/458247/list.html

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

            佐野よう子さんのメルマガより引用

             http://mamakara.info/wp/

      今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)