政界っていうのは敵味方がすぐ変わるんだよ (2-1) 第 144 号

常井健一『小泉純一郎・独白』

・「小泉純一郎にオフレコなし」

一年生議員の頃から

永田町界隈の記者たちの間で

そう謳われただけあって、

ロマンスグレーの男はざっくばらんに語った。

・果たして、小泉本人は十年の沈黙を破り、

総理退任後初のロングインタビューに応じた。

そして、2015年10月、

親子ほどの年の差があり、

遠慮というものを知らない一人のフリーライターと

4時間半にわたって真摯に向き合った記録が、

本書である。

・小泉はどうやって原発ゼロを実現するのか。

国民のコンセンサスを得るために

どんな道筋を描くのか。

私はそれらを直接確かめようと思って筆を執り、

銀座・伊東屋で買った便箋を7枚ほど使って、

「どうやって実現するおつもりか?」

などと綴り、

無謀とは感じつつ小泉に宛ててみた。

・そして、予想に反して、

11日後に冒頭の返答が来た。

しかも、自ら携帯電話で直接掛けてきたのである。

・小泉は、インタビューの会場を東京・赤坂の

小料理店「津やま」に指定してきた。

若い頃に使えた政治の師・福田赳夫に紹介されて以来、

約40年も台所として通い詰める名店だという。

・案内された部屋にはロマンスグレーの男が

一人で座って待ち構えていた。

「どうも、初めまして」

「オッ」

男は陽気にワンフレーズで返して、

こちらを振り返った。

正真正銘の元総理であった。

「そこの真ん中が常井さんの席ね」

小泉はすくっと立ち上がり、

上座を指した。

・2005年8月、

郵政法案が参院で否決された後、

記者会見で衆院解散を宣言した姿が印象に残っています。

当時、ちょっと酒を入れて臨んだという

逸話がありますが?

「ちょっとじゃないよ。

2合ぐらいだな。

2合では全然赤くならないよ。

平気な程度は自分でよくわかっている。

酒と女は二ゴウまでって(笑)」(小泉)

・「竹下内閣の消費税国会(1988年)。

国会対策委員長が渡部恒三、俺が筆頭副委員長、

官房長官は小渕恵三、副長官が小沢一郎だった。

私は安倍晋太郎幹事長に『政調副会長になりたい』

と言ったの。国対は合わないから。

だけど、安倍さんに「いい勉強になるから」と言われて、

仕方なくやった。

渡部さんには

『清和会(安倍派)は一番国対に相応しくない人間を

連れてきた』

と言われたっけな」

・「野党の国対委員長を相手に、

昼間はケンカしながら、夜は料亭で各党別々に接待して、

毎晩酒飲むんだ。

『吉兆』『小安』『金田中』とかに

行くのが国対の仕事だった」

・「当時の社会党なんて横暴だったんだけど、

夜は仲良くするわけ。

別に大した話なんかしないよ。

バカ話するだけなんだけど、

それが大事なんだよ」

・「翌朝は、早くから国会内の自民党の

国対部屋に誰かいないと必ず野党に文句言われるんだ。

昼間も、ずっとその部屋にいなきゃいけない。

渡部委員長がいない時は

俺一人で詰めるんだから、

それを一年間続けたんだから、

あれで俺も相当勉強になった」

・「政治家は人が育てるっていうより、

自分で勉強するものなんだよ。

別に派閥で教えているわけじゃないよ」

   ★常井健一『小泉純一郎・独白』

               の詳細、amazon購入はこちら↓

                                  http://amzn.to/21Yf6VH

 今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)