自分に与えられた時間をどう生かし何を創造するか 第 138 号

ただ忙しいと感じるだけで、

時間を無駄にしていないだろうか──。

そう思うことはありませんか?

本日は流れる時間を

有意義なものにするために活用できる、

一流人物の時間管理術をお伝えします。

────────『今日の注目の人』──

◆ あなたが時間の創造主 ◆

牛尾 治朗(ウシオ電機会長)

───────────────────

経営は、そこにどれだけの時間を

投入したかによって決まるものです。

しかし私は、青年会議所(JC)を

卒業した後も多数の公職に携わり、

経営との両立を図ってきました。

私にそれができたのは、自分なりの

時間の哲学を持っているからです。

一日に使える時間は、

睡眠や食事など生活に

必要な時間を差し引くと、

14時間あります。

一週間で100時間とすれば、

一年では5,000時間ほどになります。

ビジネスマンの一般的な労働時間は

このうち2,000時間程度ですから、

自分で管理できる時間は

年間3,000時間もあります。

多くの人は、この3,000時間を

どう使うかということが不明確なために、

ただ忙しいという感覚だけで

無為に時間を費やしてしまうのです。

私は自分の使う時間を、

情報をインプットする時間と

アウトプットする時間、

仕事の時間とプライベートの時間、

プライベートの中でも勉強する時間と

純粋に楽しむ時間に色分けして

手帳に記し、それらのバランスを

常にチェックしています。

経営の重責を担っている以上、

仕事に費やす時間が2,500時間、

3,000時間に達することも当然あります。

経営者に限らず、仕事で何かを

成そうというのであれば、

当然多くの時間を投入すべきでしょう。

それでも私は、5,000時間の自分の時間を

常にしっかりとデザインしていたので、

経営以外にも様々なことに

従事することができたのです。

50歳を過ぎてからは、「無所属の時間」を

意識するようになりました。

これは作家の城山三郎さんの言葉で、

人は会社や団体など、どこの組織にも

属さない無所属の時間を持ち、

そこでどう生き直すかを

自身に問わなければならない。

それが人間の大きさをつくるというのです。

私自身も、経営以外の時間に、

様々な感動、感激、悲しみ、

苦しみを味わい、多様で彩りに富んだ

体験をすることが、経営にも

プラスになることを実感しています。

仕事に追われ、自分の時間が持てない

と嘆く人はたくさんいますが、

実は一人ひとりが毎日、

自分の個性をどう生かし、

与えられた時間をいかに使うか

ということを試されているのです。

音楽にたとえるなら、

楽譜を渡され、自由に演奏してみなさいと

言われているようなものなのです。

ベートーヴェンの

交響曲『運命』は一つですが、

小澤征爾が指揮するのと、

カラヤン、バーンスタイン、

フルトヴェングラーが指揮するのとでは、

演奏時間も曲の強弱もまったく違います。

自分に与えられた時間をどう生かし、

何を創造するかはその人次第。

流れる時間は有意義なものにも、

無益なものにもなります。

一人ひとりが人事を尽くし、

豊かな人生を築いていただきたいものです。

        『致知』2010年6月号  連載「巻頭の言葉」

  今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)