愛と信頼にもとづく模倣の積み重ね 第 149 号

人気映画監督が描くエンタメ・ウラ事情! 『バブルへGO!!』

(2月東宝系全国公開)の監督でもある著者が、エンタテインメント

の昭和史を独特の筆致で描ききった。さあ、本書を読んで、

昭和へGO!!

・この本は、日米の3人のプロデューサーにまつわる、不思議な

因縁の物語である。

・ひとりは、小谷正一。1912年、生まれ。毎日新聞事業部長、

野球のパリーグ創設に深くかかわる。日本最初の民間ラジオ放送

を起こす。電通では、ラジオテレビ局長をつとめた。

大阪万博で、いくつかのパビリオンのプロデュースを行う。

・二人目は、堀貞一郎。電通時代の小谷の部下。

ディズニーランドを浦安に呼ぶ陰の立役者となる。

・3人目は、ウォルター・ディズニー。テーマパークビジネス

の父となる。

・小谷の部下である山川は、こう証言する。「小谷さんの場合は、

会議なんていうものではなくて、みんなに一人ずつ勝手なことを

言わせるんです。昨日こんな映画を見た、ここが面白かったとか、

そういうようなことをね。小谷さんはそれを聴いていて、それ

これをつなげるとひとつの傾向がでるなあ、みたいなことを言う

んです。世の中のまったく違う3つの現象を持って来て串刺しに

するとひとつのテーマが生まれる、という方法論を、小谷さん

から教わりました」

・岡田氏の話。「小谷さんは、時間があれば映画を見ろという

んです。それも、ただぼーっと見るんじゃなくて、苦しんで

見ろと」

・小谷は人の心を掴む天才だった。こうした小谷の心を掴む

才能が、堀貞一郎を筆頭に、彼の下で働いた多くの電通マンに

受け継がれ、今日の電通という会社の営業技術の根幹を成して

いるといったら考えすぎだろうか。

・「プロデューサーは黒子に徹すべし」を信条とした小谷は、

自分の業績が記録としてのことを潔しとせず、また自らそれを

吹聴することもしなかった。

・小谷は、生涯唯一の著書の最後を、こう結んでいる。

「ディズニーランドは世界中のレジャー施設が噛みしめていい

示唆に満ちている。

ディズニーの言ったことばで僕の好きなセリフをもう一つだけ

付け加えておこう。

『われわれは、王様や王妃様を楽しませたいと思う。しかし、

ディズニーランドでは、すべての客がVIPである』」

・「万博の次はディズニーランド」それが小谷と堀の、

無言の合言葉となった。

・小谷は、無類の話し上手で、ひとたび話し始めると、あたりに

オーラが漂ったともいう。小谷はすでに70歳を超えていたが、

時には若い矢幡と話し込むこともあった。

そんなとき、好んでウォルト・ディズニーの話をしていた。

・エンターテイメント製作に携わる者は、過去の作品について、

膨大な知識と記憶を持っていないと、仕事にならない。

・エンターテイメントは、先の時代を生きたクリエイターたち

との愛と信頼にもとづく模倣の積み重ねであることを、

シェイクスピア以降、誰よりも明確に示したのは、ウォルト・

ディズニーその人であった。

・小谷正一は、歴史の表舞台に名前を出さない人生を歩んだ。

だから、業績の割に、派手な名声とは無縁であった。

・「クリエイターが表に出たら終わりや」というのが小谷の

口癖だった。「プロデューサーは黒子に徹すべし」とも説き続けた。

・小谷の部下だった岡田は、小谷にこうつっかかったことがある。

「小谷さんがうらやましいですよ。今という時代は、広告でも

イベントでも何でも形が完成してしまっていて、行き詰っている

でしょう。

小谷さんみたいに、時代の過渡期に、真っ白なキャンパスに思い

通りに絵が描けたら、ほんとうに楽しそうじゃないですか」

・それに対して、小谷はまっすぐ岡田の目を見て、こう答えた。

「岡田くん。いつだって時代は過渡期だし、キャンパスは

真っ白なんだよ」

 馬場康夫『エンタメの夜明け:ディズニーランドが日本に来た』

          の詳細,amazon購入はこちら↓

                 http://amzn.to/1TOdjS5

 今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)