その知識を自分の言葉で人に話す.腑に落ちた知識の獲得 第 155 号

世に言われる成功者たちは、若い頃からどんなことを

心掛けて仕事をしていたのか──。

そのヒントが鏤められた人気連載「二十代をどう生きるか」。

本日は旅行会社JTBグループで改革を断行し、今日の

発展の礎を築いた佐々木さんがご自身の原点を語ります!

────────『今日の注目の人』──

◆ あなたに伝えたい二つの言葉 ◆

佐々木 隆(ジェイティービー相談役)

───────────────────

いま私が若い人たちに伝えたいのは、

「腑に落ちた知識は、

 絶対に自分を裏切らない」

ということである。

二十代というのは、会社や組織の中で様々な雑用や

下積みをやらされるものだ。

その時、自分にとって何が本当に必要なのか分から

なくて迷ったり、自分の将来に関係あるのだろうか

と疑問を感じて中途半端になる人が非常に多い。

私自身がかつてそうだった。

また、若い時は研修やセミナーを受講する機会も

多いだろう。

その場では納得して帰ってくるのだが、覚えている

のはせいぜい一週間程度で、自分の仕事に生かせて

いることとなると極めて少ない。

それは結局、知識が腑に落ちていないからなのである。

では、いかにすればよいのか。

ごく些細なことでいいから、一つのことを徹底的に

何か月も考えを巡らせる訓練が必要なのだと思う。

ある程度の確信を持ったら、今度はその知識を

自分の言葉で人に話す。相手の考えも聞き、さらに

深める。

そのサイクルを積み重ねていく先に、間違いなく

自分を裏切らない、自分を救ってくれる腑に落ちた

知識の獲得がある。

ここではもう一つ、大事なことを付記しておく。

それは、

「現在に生きろ」ということだ。

まだ来ない明日のことを考えて不安になったり、

過ぎ去った昨日のことを考えて後悔するのでは

なく、きょう一日に集中する。

きょう一日に集中し切った人、つまりいま目の

前にある仕事、環境、知識を最大限生かした人が

必ず成功者になるのだ。

ゆえに、いま学んでいることやいま携わっている

仕事が未来の自分にとって役に立つか否かを

考えるのは、全く意味がない。

いや、むしろマイナスに働くと思う。

『致知』 2016年4月号  連載「二十代をどう生きるか」P102

   今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)