生きる喜びと生活の楽しみの違いを知る.急がば回れ (2-1) 第 120 号

私達には生きる上でどうしても、従わざるを得ない自然の法則があります。

例えば、いくら大声を張り上げても、千メ-トルも遠く離れた先方の人と

話が出来ないとか、鳥のように空を飛べないとか、

いくら私達が努力をしても、人間の能力には限界があり、それは昔も今も

変わりはありません。ところが、人知が開けて科学技術を進歩させ、

文明の利器を開発してきたおかげで、今日では、海をへだてた遠距離の

人と通信で話をすることが出来ますし、飛行機に乗れば高い空を飛ぶ

ことが出来ます。

今まで不可能と思われたことが可能になってくると、次第に自分たちは

何でも出来るのだという、人間万能の錯覚に陥りがちです。

しかし、依然として自然の法則に支配されていることは事実です。

そうした機械文明の恩恵に浴せなかった昔の人は、ことごとく不便な

生活を強いられ、それが当然と思っていましたから苦痛に耐え、物事は

そう簡単に自分の思うとおりにならないことを良くわきまえ、自然の

法則に謙虚な気持ちで、自分を適合させるより仕方がなかったわけです。

ところが文明の利器にならされてしまった私達は、便利さが当たり前と

思い、ますます快適さを求めて、人間の欲望は肥大化の一途をたどって

いるようです。

現代人にとっては、幸せになる事と、自分の欲望を満足させることが

同義語化し、他の誰よりも自分がラクをしたい、トクしたい、

カッコウ良くしたい、という三つの面での欲望の充足を、たえず追い

求めているといっても過言ではないでしょう。

しかし、はたして、そうした生活が、私達に本当の幸せをもたらして

くれるかどうか疑問です。

例えば、ラクしたいという事について、今日では私たちが実際に汗水

流して身体を動かし頭を使わなくても、ボタン一つで手軽に効率よく

機械が仕事を代行してくれますから、その分だけ手間を省きラクが

出来るわけです。

こうして誰しも苦労するより、ラクするようになると、私達の手足は

次第に弱くなり身体はふやけて思考力が衰え、文明の利器が発達すれば

するほど、人間の心身は内部崩壊を早め、退化するようになります。

トクをしたいという事についても、誰しもがソンをするよりトクする

ことを望むようになると、たえず、自分が他人よりも有利な条件で

競争に打ち勝つことが要求され、ときには、相手を押しのけたり不正な

手段を講じてまでも、自分だけがうまい汁にありつこうとします。

その結果、自分がトクして満足することは、同時に相手にソンをかけ、

そうすることによって相手の恨みや妬みを買い、ひいては自他の対立や

争いを生むことになります。

カッコウよくすることについても、今日では人間の内容よりも表面が

問題視され、外見が良くなければ価値を認めてもらえないところから

表面を飾り立てて人の注意を引こうとする傾向があります。

                                   ( 長くなりましたので次号に続きます )

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)