どんな時も誰かの役に立つ生き方をしていきたい 第 159 号

目も耳も聞えない世界とは、

どんなものなのでしょうか。

「朝も夜も来ない」

「世界は一向に変化しない」

そう表現するのは、

盲ろう者の荒美有紀さんです。

ある日、突然視力を失い

盲ろう者になった荒さんが

迫りくる恐怖と闘われたご体験談に

じっくりと耳を傾けます。

────────『今日の注目の人』──

◆ 突然訪れた、その日 ◆

荒 美有紀(東京盲ろう者友の会理事)

───────────────────

──その間も、病気は少しずつ

  進行していったのですね。

そうですね。4年生になると、

ひどく頭痛がして目が

白く霞むようになりました。

私は視力は2・0と自信があっただけに、

いきなりのことに一瞬

「まさか」とは思いました。

でも、最初は病気が

進行したとは思わないで、

夜中に本を読みすぎてそのせいかな?

くらいにしか考えなかったんです。

しかし、日に日に視界は白くなり、

頭痛も激しくなっていくんですね。

やっとの思いで病院に駆け込んで、

気がついたら緊急手術になっていました。

麻酔から醒めると、体中に

いろいろな管がついていました。

目は白く霞んで、

意識ももうろうとしていて、

自分が生きているのか、

死んでいるのかも分からない状態でした。

──手術は成功したのですか。

先生は

「体力が回復すれば自然に

 見えるようになるよ」

とおっしゃいました。

でも、実際には応急処置が精いっぱいで、

腫瘍をすべて取り除けないくらい

脳の症状が悪化していました。

ある日、病室内にある個室の

シャワーに入った後、

気分が悪くなってしばらく

横になったんです。

少しして目を開けると、

真っ暗でした。

突然、何も見えなくなっていたんですね。

本当に動転してしまって

「ママ、ママ。助けて、先生を呼んで」

と大声で母の名前を呼び続けました。

ICUで点滴を受け、少しずつ目

に光が戻ってきましたが、

そのうちにシャッターが

下りたように全く見えなく

なってしまったんです。

自分に何が起きたのかも分からず、

「なんでなんでなんで……」

をずっと連発していました。

──耳がほぼ聞こえなくなっているうえに

  失明という現実を受け止めなくては

  いけなくなった、と。

その頃は母の手をずっと握りしめて、

一日中泣いてばかりでしたね。

ちょっとでも手を離すと、周りの状況とか、

近くにいる人の様子とか

何もかも分からなくなってしまうんです。

朝も夜も来ない。

世界は一向に変化しない。

まるで魂が抜けてしまったか

のような毎日でした。

※「どんな時も誰かの役に立つ

  生き方をしていきたい」

 そう語る荒さんは、

 いかにして絶望と悲しみを

 乗り越えられたのでしょうか。

『致知』 2016年4月号 特集「夷険一節」P48 

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)