生きる喜びと生活の楽しみの違いを知る.急がば回れ (2-2) 第 121 号

市場に出回る製品や農産物も見かけの良いものがよく売れ、そうでない

ものは見捨てられてしまいがちです。しかし、外見の良いものが必ずしも

価値があるものとは限らず、時には裏切られることがあります。

このように、ラクしたい、トクしたい、カッコウ良くしたいという欲望に

翻弄されて、それらを得る事によって、あたかも、幸せを約束される

かのような錯覚に陥りがちですが、その行き着く先には、自分や他人や

物自体を裏切る落とし穴が待ち受けていることに気付くべきです。

現代人はとかくせっかちで、ときには手段や過程を省略してでも、

なるべく早く目的を達成しようと焦りがちです。

しかし、そうしたせっかちなやり方は、どこかに無理があり、いつかは

それが表面化して、自分がそのしっぺ返しをくらい、あぶはちとらずで

かえって高いツケを払うことになります。そうしたときになって、

はじめて気づき、後悔しても後の祭りです。

山登りをするにしても、今日では頂上を極めるのに、いろいろな手段が

用意され、私達にその選択権が委ねられています。ふもとから

重い荷物を担いで、一歩一歩自分の足で踏みしめながら、汗をかきかき、

やっとのことで山頂に達する方法もあれば、

途中まで車や馬を使ってラクに登る事も出来、もっと手っ取り早い方法を

選ぶなら途中を省略してヘリコプタ-で一気に山頂に立つ事さえできます。

どの道をたどろうと頂上を極める点では同じですが、到達した登山者の

心境はそれぞれ異なります。すなわち、苦労をしてふもとから登り

きった人にとっては、おそらくその喜びは自分の心に深く刻み込まれ、

後になっても、それが懐かしさとして思い出されることでしょう。

しかし、なんの苦労もなく、ラクに登った人にとっては登山自体は楽しみ

であっても喜びは薄く、その印象は自分の心に長くとどまることなく

忘れ去ってしまう事でしょう。

このように、外見上はどの道をたどろうとも同じ山頂に立ち、目的を

達成する事は出来ますが、そのたどり方によって、それぞれの登山者の

心に刻まれる体験内容は、千差万別です。

私達は、ここではっきりと人生の喜びと生活の楽しみの違いを、知って

おくべきでしょう。

そして、自分の幸せに結びつく人生の喜びは、いくら生活の楽しみを

文明の利器やお金を使って、手っ取り早く手中に収め、数多くこなした

ところで、決して得られないことを銘記しておくべきでしょう。

「急いては事をし損じる」という諺もあるように、急ぐときは、

危険でも近道を通りたくなるものですが、それはかえって失敗を

招くもとになるものです、自然は急ぎません。

                   ( 仏教伝道協会 みちしるべより )

 今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)