出逢い 5 第 16 号

( 出逢い 4 からの続きです )

3: 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)19:28:09 ID:FU6Spqg7f

この日から私は週に一度、タイムスリップすることになりました。 そして二ヵ月後の年度末最後のタイムスリップのその日、私は初めて彼女から呼び出されました。

期待と不安を胸にいつもの場所に行けば彼女は既に待っています。

私が口を開く前に彼女は話し始め、その言葉は以下のようなものでした。

最初の告白の時、彼女は急ぎの用があり、とても焦っていた。 そして本来なら誠意を持って返答しなければいけないのに、失礼な断り方をしてしまい申し訳ない。

再度呼び出された時にそのことを謝るべきなのに、それが出来ず申し訳ない。

私との茶番が面白くて、つい長い間この茶番を続けてしまった。

新年度からこの時間にゼミが入るのでタイムスリップしてくれても会うことができない。

区切りとして丁度いいし、至らない女ではあるが、もしよろしければ男女交際をしてもらえないだろうか。 夢のような言葉でしたが、私にも男としての矜持があります。

ですからその場では彼女の言葉を断り、来週の今日またタイムスリップするので来てほしいと答えました。

そして一週間後のその日に私から告白して、彼女と私は晴れて恋人になりました。

補足になりますが、最初の告白の時彼女はお手洗いに行きたかったそうです。 二回目のときに不機嫌そうだったのは謝ろうと思い、緊張してそれが顔に出たとのこと!! 以上です。

初の書き込みなので至らない所もありますが、読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)