現代人の心の奥底にある 潜在ニーズを鷲づかみにする 第 166 号

世の中の流れとは真逆の発想で

人気を博す温泉宿が長野県にあります。

不足、不便、不揃い

この3つをセンスよく磨き上げることで

宿泊客の心を鷲づかみにする

手法が斬新で面白い!

────────『今日の注目の人』──

◆ 不便さをセンスよく磨き上げる ◆

金井 辰巳(花仙庵 仙仁温泉 岩の湯社長)

───────────────────

その一つとして館内の環境づくり、

演出には随分心を配っています。

当旅館ならではの洞窟風呂はその代表ですが、

他にも例えば、廊下の一部は

それまであった壁やガラス張りの部分を

取り外し、外の自然と融合できる空間に

しました。

暖房の効いた廊下の先にある自動ドアが

開くと、そこには屋根と廊下しかない

豊かな雪景色が広がり、

その空間を抜けて次の自動ドアを進むと、

再び暖かい廊下が待っている

というイメージです。

紅葉のシーズンですと、枯れ葉が

舞い落ちます。

それを踏んで自然の感触を味わって

いただく、

遠くの絶景ではなく身近な環境です。

このような廊下を随所に作ったのは、

現代人が便利さや快適さを追求する

一方で、忘れてしまっているものが

あるように思ったからです。

私たちは不足、不便、不揃いという

不の部分にこそ、便利さに慣れた

現代人の心の奥底にある潜在ニーズが

あると考え、それらを最高に生かすことを

とても大事にしています。

つまり、ただ不をそのままにするの

ではなく、それらを

センスよく磨き上げる。

──不便さを磨き上げる?

ええ。例えば、外の廊下には厚みの

ある本物の原石を敷き詰め、

その下には温泉の管を引いて融雪し、

お客様が滑らないよう安全にしています。

外庭は動きを持たせるために山の沢水を

引いて水の音色を楽しんでいただける

ようにしました。

ソフト面では、例えば冬の真っ白な雪の

シーズンでも、昔ながらのどてらを

アレンジしたオリジナルの防寒着を準備して、

いつでも暖かくお部屋から外に出るのが楽しく

なるよう工夫させていただいています。

※かつては寂れた、静かな温泉宿がいかにして

稼働率100パーセントの人気旅館に変貌を

遂げたのか?

その軌跡は本誌でお楽しみください!

  『致知』 2016年4月号 特集「夷険一節」P44 

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)