心とこころが共振しほほ笑み合う (2-1) 第 130 号

    言(ことば)近(ちか)くして意遠(いとお)し

 いつも私達のそばに仲の良い親兄弟や友達がいてくれると

嬉しいものです。

また、そうでなくても『論語』に「朋(とも)遠方より来る

また楽しからずや」とあるように、たまに遠来の客が

訪れて、よもやま話に花を咲かせ、歓談するのは

楽しいものです。

「類は友を呼ぶ」というように、相性(あいしょう)の

あった好きな仲間となら、いくら一緒にいても飽きず、

その立ち去る時には未練が残り、一抹(いちまつ)の

淋しさが付きまといますが、嫌いな相手だとそうは

いかず、いち早く立ち去ることを願い、去った後で

ホッとします。

誰とでも仲良くすることが理想でしょうが、凡人

(ぼんじん)は、なかなかそうした境地になれそうに

ありません。

仏教では「四苦八苦(しくはっく)」といって、人間

には「生・老・病・死」の苦しみのほかに、

「愛別離苦(あいべつりく)」といって愛する人と

別れなければならない苦しみと、「怨憎会苦

(おんぞうえく)」といって、嫌いな人と会わなけ

ればならない苦しみと、「求不得苦(ぐふとっく)」

というほしいものが得られない苦しみと、「五蘊盛苦

(ごうんじょうく)」という、満ち足りすぎて困る

苦しみを挙げています。

こうした苦しみが常に私達に付きまとい、ひと時と

して離れる事がないというのです。

そこに展開するのは泣き笑いの人生ですが、はたして、

私達はこうした苦しみの束縛から、抜け出す事は出来

ないのでしょうか。

私達が友達を作りたがるのも、つまりはお互いの

孤独感を癒し、慰め合い励まし合う相手が欲しいこと

にほかならず、自分の孤独に耐えられない存在である

からこそ、人を愛することが出来るのでしょう。

自分が悲しい時に、共に悲しんでくれる人がそばに

いると、その悲しみは半減し、嬉しい時に、共に喜んで

くれる人がそばにいると、その喜びは倍加するといわれ

ていますが、そうした自分の心を通じさせる相手がそば

にいるという事によって、自分の孤独感を紛らわして

いるに過ぎないのではないでしょうか。

最愛の人がそばにいることは、いないよりもましかも

しれませんが、いつかは別離の時が訪れ、一人ボッチに

ならなければなりません。

そうしたときに一人であっても、み仏によって、自分が

見守られていると信じられる人にとっては、孤独の

淋しさはなくなります。

そうした存在が身近に感じられない人にとっては、一人で

いても、そばに親兄弟や、伴侶や友達がいたとしても、

淋しいことには変わりないでしょう。

なかには、多くの人に取り囲まれて、淋しさを紛らわす

ことができても、ひとつも心の安らぎが得られない人も

いるようです。

                       ( 長くなりましたので次号に続きます )

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)