心とこころが共振しほほ笑み合う (2-2) 第 131 号

たとえば、同じ屋根の下で家庭生活を営み、四六時中顔を

合わせながら、同床異夢(どうしょういむ)で心の交わりが

なく、離ればなれになっている人がそれです。

  室町時代初期の禅僧・大燈国師(だいとうこくし)

  (1282-1338)は、

「億劫(おっこう)に相別れて、しこうして須臾(しゅゆ)も

離れず、盡日(じんじつ)相対して、しこうして刹那(せつな)

も対せず」

 (離ればなれになっていても離れておらず、会っていても

 ひとつも会っていないこともある)と愒破(かっぱ)して

 います。

 心の交わりが無ければ、いくらそばに相手がいてもいないの

と同然だ、というのです。

お互いが相対して、真実の心と心の交わりがあれば、たとえ

その相手がそばにいてもいなくても(いたほうが良いが)、その

心が通じ合うものです。

 こうした感応道交(かんのうどうこう)の境地を、仏教では

「唯仏与仏(ゆいぶつよぶつ)」とか「仏眼相看(ぶつげん

そうかん)」といい、自分の中の仏心が相手の中の仏心と

共振しほほ笑み合うのです。

  フランスの作家・操縦士のサン・テグジュペリ

  (1900-1944)が『地の人』で、

「ほんとうに愛するとは、お互いがお互いを見つめ合う

のではなくして、お互いが同一方向を見上げる

ことである」と述べているのも、同じような意味でしょう。

英語では、人と出会っても、言葉を交わさなければ

「私は彼(彼女)を見た」といい、語り合って初めて

「私は彼(彼女)と会った」といいます。

ほんとうの出会いは、ただ言葉を交わして、その意味を

理解しただけでは不十分で、その言わんとするところの

奥深いところで、同調し合うものでなければなりません。

この章の句の字句通りの解釈は「善い言葉は表現が簡潔

であるが意味は深長なものだ」という意味ですが、いくら

表現された言葉が美しく的確であっても、それを語る人の

心が奥床(おくゆか)しく、み仏の心に通じる本心から出た

言葉でなければ、語った言葉の意味は深長にならないで

しょう。

そうした言葉は、口からでまかせの人からはとうてい得ら

れません。

「眼は心の窓」とか「目は口程に物を言う」といわれるよ

うに、慈(いつく)しみの心をもって「和顔愛語

(わげんあいご)」でお互いが向かい合い、語り合ったとき、

はじめて可能になるのではないでしょうか。

              ( 仏教伝道協会 みちしるべより )

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)