人間が最も飛躍し、成長するのは決断した時 第 181 号

 初めての出会いから30年余──。一道に徹してきた

掴まれたお二人が人生と仕事の極意を語った名対談。

 人間が最も飛躍し、成長するのはどんな時だと

思いますか?

少しだけ考えてみてからお読みください。

────────『今日の注目の人』──

◆ 人間が最も飛躍し、成長する時 ◆

鍵山 秀三郎(日本を美しくする会相談役)

   ×

上甲 晃(志ネット―ワーク代表)

───────────────────

【上甲】

 鍵山さんには、私が政経塾を辞めて独立した時にも

大変お世話になりました。

 あれは私の人生で最大の決断でしたけれども、

鍵山さんから学んだことが決断する上で大きな力になり

ました。

【鍵山】

 あれは確か、上甲さんが55歳になる直前で、もう少し

我慢すればいいじゃないか、と周りから随分言われた

そうですね。

【上甲】

 そうなんです。

 当時の松下電器では、55歳からは老後の安定に繋がる

制度がたくさんあったんです。

 にもかかわらず、54歳6か月で会社を辞めたものです

からね。

 あの時、松下幸之助は既に亡くなっていて、松下電器の

社長だった山下俊彦さんが政経塾の責任者だったのですが、

その山下さんから、本社に戻ってくるように言われた

わけです。

 政経塾に携わるようになって14年経った平成7年のこと

でした。

 その時に考えたのは、自分が政経塾で教えてきたことと、

自分の出処進退は決して無関係ではないということでした。

 そして私が塾生に教えてきたことをひと言で言えば、

「己の損得を超えろ」ということでした。

 私はそれまで、政治家を目指す人が、自分の選挙や出世の

ために平気で人を押しのけたり踏み台にしたりする醜い姿を

散々見てきました。

それだけに塾生には、自分の出世ばかり考えるな。

 己の損得を超えて、日本の損得、世界の損得といった大きな

損得を考えろと繰り返し説いてきたんです。

 その自分が、さっさと松下電器に戻ってぬくぬくとしておった

のでは、自分の言葉に対する責任を放棄したことになる

と思いましてね。

 あと半年待てばいろんな恩恵にあずかれるけれども、この貴重

な人生、そんなことで時間稼ぎをしていてはいかんと考えて、

決断したわけです。

 その決断を経て、私は志の高い国づくりを目指す志ネットワーク

を立ち上げ、「青年塾」を主宰することになりました。

 あれは私の人生の一番の節目でしたけれども、山下さんに自分の

決意を伝えた後、最初にご相談させていただいたのも鍵山さん

でした。

【鍵山】

 やっぱり人間が最も飛躍し、成長するのは決断した時です。

 そしてそれは、私心を去った上での決断であることが条件

だと私は思います。

『致知』 2016年4月号  特集「夷険一節」P68

     今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                ございました。 感謝!

九 州 方 向 に 祈 り を こ め て !!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)