生きる知恵 第 2 号

 20数年前にベストセラ-になったロバ-ト・フルガム

の著「人生に必要な知恵はすべて幼稚園で学んだ」

で氏は次のように記しています。

 「人間どう生きるか、どのようにふるまい、どんな

気持ちで日々を送ればよいか、本当に知っていなくては

ならないことを、私は全部残らず幼稚園で教わった。

 生きる知恵は大学院という山の頂上にあるのではなく、

幼稚園の砂場に埋まっていたのである。

私はそこで何を学んだのであろうか」

 「なんでもみんな分け合うこと。ずるをしないこと。

人をぶたないこと。使ったものはかならず元のところに

戻すこと。散らかしたら自分で後片ずけをすること。

人の物に手を出さないこと。誰かを傷つけたらごめん

なさいということ。食事の前には手を洗うこと。

 トイレに行ったらちゃんと水を流し手を洗うこと。

焼きたてのクッキ-と冷たいミルクは体にいい。

毎日釣合のとれた生活をすること。少し勉強し少し考え、

少し絵を描き、歌い踊り遊び、そして、少し働くこと。

 毎日かならず昼寝をすること。おもてに出るときには

車に気をつけ、手をつないで離ればなれにならないように

すること。不思議だな、と思う気持ちを大切にすること」だ、

というのです。

 こうした童心に帰るとは、何も幼少時の郷愁に浸ることでは

なく、そうした事を大人になった今、思い出して実行する事です。

そして、少しでも自分を高めてくれるような環境、

よき師よき友が大切でしょう。

 今回も最後までお読みくださり、

          ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)