相手に好かれるおしゃべりをすることの大切さ (2-2) 第 165 号

 内気でも口下手でも、相手に好かれる「雑談」ができる!

カリスマ心理学者が編み出した、成功につながる「魔法の雑談」

を一挙公開!

・自分のドジな話は、隠すのではなく、むしろ積極的に出して

いくのが正しい。「本当にバカだな~、お前は」と相手に

からかってもらえるようになれば、みなさんはそれだけ愛されて

いるという証拠である。

・雑学知識をたくわえる方法。カンザス州立大学のシャントーに

よると、どんな分野でも、一流の専門家になるほど、自分の専門

領域とは関係のない分野の本や論文までも、貪欲に読んでいる

そうである。

・「知り合いの数」と雑談力は比例する。もし社内で懇親会や

親睦会のようなものがあったら、積極的に参加しよう。人付き合い

の総量を増やすようにすれば、当然ながら、雑談力もそれに比例

して伸びていく。

・メールを極力減らせ。コミュニケーション能力は、鍛えれば

鍛えるほど強くなる。メールを減らし、会話の筋力を強くせよ。

・「どうでもいい人」を相手に、話題のウケ具合を確認せよ。雑談

の練習は2人きりでやれ。スピーチにしろ、会話にしろ、雑談にしろ、

練習しなければダメである。とにかく、たくさんおしょべりしな

ければ、いつまで経ってもうまくならない。

・挨拶も、雑談も自分から切り出すのが正しい。

・たえず、「雑談しつづけること」が大切。ベストセラー作家の

ディーン・クーンツは、よい小説の書き方についてこう述べている。

「小説の書き方を学ぶには、まず書いてみること、その次も、やはり

もっと書いてみるしか方法はない」と。

彼自身、このアドバイスを実践していて、毎週平均70時間も書き

続けたという。

・プロとアマチュアを分けるもの。それは、練習量に他ならない。

雑談力の高い人は、とにかく自分から人に話しかけ、人と接点を

持とうとする。つまり、雑談力を磨きたければ、

1に練習、2に練習だ。

・後先を考えるな、まず「口に出せ」。別にウケようが、ウケまいが、

自分が思いついたことは何でも口に出してやるというくらいの気概が

必要。雑談がウケるかどうがは、神のみぞ知るところであり、私たちが

あらかじめ予想することなど、できない。

・「相手の服装、持ち物」をネタにする。話題に困ったときには、

相手が身につけているもの、あるいは持ち物などをネタにするといい。

・接待ゴルフでゴルフはするな。接待ゴルフでは、とにかく相手と

おしゃべりすることが第一なのだから、ものすごく乱暴なことを

いえば、スコアなどはどうでもいいと割り切ろう。

接待ゴルフで重要なのは、とにかく相手のボールが飛んだ方向に、

自分のボールを打つことである。相手を盛り上げるために、普段なら

言わないような親父ギャグも積極的に使おう。

・雑談の達人は、「美しく」切り上げる。雑談を切り上げる最高の

タイミングは、一番盛り上がったときだ。花火もそうだが、

一番最後のラストには、ものすごく派手な花火を打ち上げる。

内藤誼人『雑談の達人』の詳細、amazon購入はこちら↓

                    http://amzn.to/1esyUuA

  今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)