人は、穀類、野菜、時々肉の生き物 第 157 号

酵素は、必要な時必要なだけ体内で作られます。

マクロビオティックのように「生の野菜を控えなさい」

とまでは云いませんが、

酵素を摂るために食べるものではありません。

しかも、量を摂るためにジュースにしてまで体に入れる

必要もないのです。

食事ということを忘れては、体内の機能を鈍らせてしまう

ばかりなのですね。

個人的な考えで云えば、「野菜は体に良い」と決めつける

のではなく、「人は植物を主体とした雑食動物」くらいの

考えが、調度良いバランスを保てるのではないかと思います。

そして植物の中でも、特に穀類は必要ですね。しかも全粒。

米なら玄米です。

穀類には芽が出るほどの栄養素とエネルギーが詰まっています。

しかも、炭水化物はあなたを生かすエネルギーとなりますから、

食べなくてはいけません。

ところで、酵素が体内で作られるということはその材料も体内に

なくてはいけませんよね。

酵素といえば、主原料はタンパク質。

だからといって、『タンパク質=肉』の構図は早とちりすぎます。

人は、穀類、野菜、時々肉の生き物です。

玄米や雑穀からもタンパク質は補えますし、良質のタンパク質と

云えば、小麦や大豆が代表的な食材ですね。

そして、どちらも種。

蒔けば芽を出す、生きた食材ということがポイントです。

大豆は、煮豆で食べても良いのですが、しっかりと煮ないと

消化吸収が悪いですね。

しかも、毎日食べるのは大変です。

そこで、おすすめなのが味噌汁。

味噌そのものは、大豆を原料とした発酵食品なので、酵母も

酵素も乳酸菌も豊富です。

しかし重要なのは、分解しにくいタンパク質が、発酵した

おかげでアミノ酸に分解されているところ。

体内で、必要な酵素や細胞に作り変えるのに再合成しやすい

形で食べられるのです。

味噌汁の具に、豆腐やお麩を入れたら、タンパク質だらけですよ。

日本人の農耕民族の体は、これらの食材で支えられてきたのです。

酵素はとらなくても、あなたの体で作られます。

そして、和食の生活なら酵素の原料が不足することはないのです。

◇◆──────────────────※

          食べ過ぎはダメ       

 ※──────────────────◆◇

『大豆、発酵食品』と、キーワードだけ拾うと、納豆が良いのでは

ないかと、思う人もいますよね。

そういえば、あの番組で納豆が良いと云っていた。

たしか、ダイエット食品だった。

そんな理由から毎日納豆を食べる人も出てくるかもしれないので、

先に云っておきます。

毎日は多すぎます。

だいたい1回の分量だって、1パックでは多いと云われている

くらいなのですから。

他にも、食べなくてはいけないものもありますしね。

程々に食べるようにしましょう。

 【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

             佐野よう子さんのメルマガより引用

                http://mamakara.info/wp/

 今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)