日本の文化や哲学に高い関心を示している 第 183 号

 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ?

ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。

 元ウクライナ大使、待望の衝撃作! マスコミは真実を

伝えない。政治家は「その人々」にアクセスできない。

残酷な時代をサバイバルするカギは本書に!

・ナポレオン戦争で巨大な富を築いたロスチャイルド。

ウィーン会議について、私たちは歴史教科書でオーストリア

の宰相メッテルニヒや、フランスのタレイラン外相、英国の

カースルリー外相の活躍を学んだ。

 しかし、ここには最も重要な2人の人物が抜けている。

その一人はロシア皇帝アレクサンドル一世であり、もう一人

は陰の主役ロスチャイルド家であった。

・ロシアとユダヤ金融資本家の役割を抜きにしては、

ウィーン会議の真相はわからない。

 ナポレオンをロシアから敗走せしめたロシア皇帝アレク

サンドル一世は、戦後秩序の指導者を自任していた。

そこでキリスト教国による神聖同盟を提唱した。

・のちの歴史は、この神聖同盟は実効性のない空虚な理想に

過ぎないことを示しているが、キリスト教国の団結を訴えた

精神的効果は決して少なくなかった。

・ロスチャイルドはヨーロッパ諸国を自分たちの金融力を

使って支配したかった。

 なぜならナポレオン戦争というヨーロッパは疲弊させた

戦争によって、巨大な富を蓄積したのがこれらの金融勢力

だったからだ。

 彼らは、各国政府に戦争資金を貸し付けて、巨額の儲け

を懐にした。

・プーチン大統領が日本の文化や哲学に高い関心を示して

いるのは、世界の普遍的価値とロシアの伝統的価値を有機的

に統合する秘訣を、日本の経験から学びたいと思っている。

・プーチンがいま一番必要としていることは、天然資源

輸出型のロシア経済の体質転換である。

・プーチンが新しいロシアの理念を強調する意味が隠され

ている。

 彼は新しいロシアの理念に基づくロシア型近代工業国家

の建設を至上命題としている。

・このような近代工業国家を建設して初めて、ロシアは

安定した大国になることができるため、プーチンはロシア

の伝統に合った近代工業国家建設への協力を日本に求めて

いる。

 ロシアが安定した大国になることは、我が国のみならず

世界にとってメリットがある。

・世界の歴史を見れば、経済不況で滅んだ国はない。我が国

が敗戦後の荒廃の中から奇跡的な経済復興を遂げることが

できたのは、国民の精神が滅んでいなかったからだ。

・栄華を極めたローマ帝国に見られたように、国民のモラル

が崩壊した国は内部から自滅している。

 歴史認識問題は国家の存亡が直接かかる深刻な問題だ。

・我が国が2000年以上にわたって存続することができた

最大の理由は、高い道義性の下に一つにまとまった国民が

存在していたからだ。

 今日、私たちがこの高い道義性を引き続き維持できるか

否かは、歴史認識問題に関する外交の舵取りにかかって

いると言っても過言ではない。

・外交はあくまでも長期的な視野に立って国益を冷徹に

追求するべきであり、一時の妥協で切り抜けてよいもの

ではない。

 そして外交を支えるのは結局のところ私たち国民の意識で

あることを、改めて認識する必要がある。

・私たち自身が古来受け継いできた道徳を取り戻すことは、

日本という国を守ることにつながるのだ。

 馬渕睦夫『世界を操る支配者の正体』

       の詳細,amazon購入はこちら↓

              http://amzn.to/1toLygg

    今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                ございました。 感謝!

九 州 方 向 に 祈 り を こ め て !!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)