酵素は食べなくても発酵食品は必要なもの 第 168 号

 酵素は摂らなくても体内で作られるから

問題はありません。

 それでも酵素が気になる人のために、もう少し酵素の

お話しをしていきましょう。

 酵素は、私達の体内で重要な働きをしていますが、

タンパク質でできているので、その特徴は熱やpHに

弱いのです。

 食中毒の予防に、食品を60度以上で30秒熱すれば

殺菌になるというのを聞かれたことがありますか?

 これは、タンパク質が熱に弱いので、菌を構成

しているタンパク質が壊れるからなんですね。

 他にも、殺菌のために食材を塩や酢に漬けたり

というのは、菌が酸で死んでしまうためです。

 元氣界でも販売しているお掃除のスプレー【超電水】

は、強度のアルカリで殺菌します。

 こんな風にタンパク質はpHでも、壊れてしまうん

ですね。

では、ここで質問です。胃酸のpHはいくつでしょうか。

だいたい、pH2~3の強酸性ですね。

 つまり、いくら酵素が壊れないように、ゆっくりと

回転するジューサーを使ってジュースを作っても、

胃に入った時点で酵素は壊れるということになります。

タンパク質はアミノ酸に分解されます。

 考え方によっては、そのアミノ酸が酵素の原料になる

とも云えますが、酵素そのものが体内で働くとは、

考えられないんですね。

 それに植物の酵素は、料理で使うには動物性のタンパク

質を柔らかくするなどの働きをしてくれますが、

その量は微量です。

 お肉に漬けていて「柔らかくなったね」くらいの

レベルですよね。肉が酵素で溶けることはないんです。

 ということは、植物の酵素は少量だし、優しい作用

しかないということなんです。

 そして、もしも、ですよ。もしも、仮に、世間で云う

ように酵素が体内で働くとしたら、人の体の特性として、

体内で酵素を作る働きが、鈍ってしまうかもしれない

のです。

 胃薬を飲んでいると、自分で胃酸をコントロール

できなくなるという話はご存知でしょうか?

 そんな風に、体外からの酵素で賄えるようになると、

体内の働きは鈍ってくるのです。

 酵素を作る機能が低下。これは、生命活動に支障が

出ますね。つまり、ありえないということです。

 今回は、酵素についていくつかお話をしましたが、

スムージーや野菜ジュースは、あくまでも嗜好品

程度にとどめて、陰性の食品を取り過ぎないように

気をつけましょうね。

◇◆──────────────────※

     酵母、酵素、乳酸菌      

 ※──────────────────◆◇

 一般的には『何だか分からないけど小さいもの』くらいの

区別しかないかもしれませんね。

 それでいいと思います。ただ、酵素は食べなくても

発酵食品は食べなくてはいけません。

意識するのは、発酵食品。

それだけは気を付けてくださいね。

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

            佐野よう子さんのメルマガより引用

             http://mamakara.info/wp/

        今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)