世界情勢から日本を眺め・考えるセンスを磨く 第 173 号

 戦後、敗戦国の学問体系から排除された地政

学――だが、世界がいまだこの理論によって

動いているのならば、我々はただちにこの

学問の何たるかを知らねばならない。

 アメリカは民主主義の国だから、

議会で公聴会を開く。

 公聴会の記録を丹念に読むことで、ペンタ

ゴンの政策はここに本当の意味があるとか、

そういうことが出てくるわけだ。

 それをロシアも中国も必死になって行って、

それに対抗するためにはどうすればよい

かと、じっと研究している。

 戦前までは、日本の地政学も

世界に冠たるものだった。

 満州や朝鮮半島へ出ていくときの理論的

な根拠を必要としていたからだ。

 国際政治はリアリズムで動いている。

 直接感じたKGBの実力。

 元KGBの人たちといろいろ深い議論をした。

 たまげましたね。

 ものすごい頭のいい人ばかりでした。

 インテリジェンスというものは、そんな簡単

な仕事ではない。本当に、知的な仕事だ。

 エマニュエル・トッドの『ドイツ帝国が世界

を破滅させる』というドイツ第4帝国の

復活を警戒する本が売れている。

 トッドは、フランスが本当にドイツの家来に

なったと嘆いているが、経済的にはその通りだ。

 フランスは財政的にも、物づくりでも、

ダメになってしまった。

 これまでフランスが唯一誇っていた原子力

産業の「アレバ」も、いま大赤字だ。

 これがダウンしてしまうと、もうフランス

にはこれという大企業はない。

 トルコと一番親しいのはドイツだ。

 ドイツのゲーレン機関、いまのBND(連邦

情報局)は、トルコの軍情報機関とも

すごく深い関係がある。

 BNDはトルコを通じて中東の

世界に入り込んでいる。

 我が国が、真の独立国家として自立するため

には、自前のインテリジェンスが必要だ。

 各国のインテリジェンスの仕事をして

いる人たちは、法学や経済学なんて

やった人はほとんどいない。

 文化人類学や歴史を勉強した人だ。

 岡崎久彦さんがかねてから言っていたよう

に、アメリカは議会が非常に重要になる。

 議会の公聴会で、CIAや国防総省(ペンタ

ゴン)、国務省の担当者がいろいろ来る。

 その公聴会の議事録を丹念に分析することに

よって、アメリカの政策の方向がわかれば、

それに対して中国がどう出てくるかもわかる。

 軍事技術の知識が不可欠である。

 この軍事的な知識がないと、国際情勢

の分析などできない。

 なぜ中国はアジアインフラ

投資銀行をつくったか。

 採算性とか審査基準とか、中国は

そんなこと考えてはいない。

 まず最初に地政学的な戦略があるのだ。

 そこに道路をつくる。鉄道を通す。ただ

物を運ぶための鉄道ではないのだ。

これは戦略的な鉄道なのだ。

 諸外国の情報機関の工作資金はどこから

くるのか。たとえば、英国のM16は、

どこで資金を稼いでいるかという

と、これは極秘になっているが、

実際はカリブ海のケーマン

諸島のタックスヘブン

などを使ってマネーロンダリングをしている。

 国の税金で直接、工作資金を払って

いるということになると、スパイ

活動のとき、足がつく。

 だから活動費で使うお金はみんなタックス

ヘブンを経由しているのだ。

 その意味でもタックスヘブンは

英国にとって必要だ。

 たから英国はケイマン諸島

あたりは守っている。

 岸信介さんほど悪いことを次々

とやった政治家はいない。

 しかし、彼は国のために悪いことをした。

 そのとき、岸さんはいつも写経をする。

般若心経を書くのだ。

 岸さんは大変に字がうまい。

 岸さんの書は本当に素晴らしい。

彼が心をこめて般若心経を書く。

それを書いた後は、悪いことをする。

それは日本のためにやる。

そういう伝説があった。

  菅沼光弘『地政学が教えるこの国の針路』

    の詳細,amazon購入はこちら↓

        http://amzn.to/1Pfsqk6

 菅沼氏は元・公安調査庁調査第二部長。

ドイツのマインツ大学に留学経験あり。

ドイツ連邦情報局(BND)に派遣され、

対外情報機関の実情を調査した。

 今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)