発酵食品に含まれる多くの微生物は.腸内の免疫細胞を活性化 第 169 号

 日本には、発酵食品が数多くあります。

 どれも湿度の多い日本の気候で、食品を長期保存するための

知恵から生まれたものです。

 もちろん、調味料の醤油の紀元は醤(ひしお)で、中国から

入ってきたものですね。

 約3千年前の文献に醤のことが書かれているというのですから、

中国の食の歴史には感心させられます。

 調味料に塩や香辛料、ハーブなど、目の前にある素材を使うなら、

心情は分かります。

 でも、一度発酵をさせたものを利用するのは。どのような形で

作られたにせよ、最初に口にした人の勇気は素晴らしいと思い

ますねぇ。

「腐っていない──」

この判断は、難しかったのではないかと思います。

 ところで発酵食品は、発酵をすることでビタミンやアミノ酸、

酵素、乳酸菌など、多くの栄養素を作り出しています。

 酵素は健康のために無理に取る必要はないと、ずっと云って

きましたが、発酵食品、特に発酵調味料に関して云えば、

毎日とらなくてはいけない食品ですね。

 しかも、本当に発酵していなければ、意味がありません。

 味噌や醤油には、大腸や小腸、肝臓、腎臓、血管など機能を

高める働きがあります。

 特に腸内では、腸内菌のバランスを調節してキレイな血液を

作る環境を整える重要な働きをしています。

 また、全身の血管の掃除をして、血圧の調節もしてくれるの

ですね。

「アンチエイジングに良」といろいろな食材が云われていますが、

日本人なら本物の味噌や醤油を食べれば、何の苦労もなくアンチ

エイジングになります。

 そして、発酵食品に含まれる多くの微生物は、腸内の免疫細胞を

活性化するので、免疫機能を正常化してくれるのです。

 つまり、腸内の環境が整えば、アレルギーも改善されていくと

いうことなんですね。

 逆に云えば、アレルギー反応があるというのは、腸内の環境に

問題があるということになります。

 もし、アレルギー反応が年々強くなると感じているなら、年々

腸内環境が悪くなっているのかもしれません。

まずは、本物の味噌や醤油を、しっかりと食べてくださいね。

梅干しや梅酢なども腸内環境を整えるのでおすすめです。

 そして、間に合いそうもない時には、【梅肉酵母エキス】を

試してみてくださいね。

◇◆──────────────────※

    目新しい物が好きな日本人    

 ※──────────────────◆◇

「実は、本物の味噌や醤油で、充分健康は保たれるんだよ。だから

和食だけも健康な美しさは保たれるんです!」

と、こんな事を云っても、全然面白くないですよね。

新しい物に飛びついて、飽きたら捨てる。古いものに価値はない。

 今の日本人には、そういう傾向が強いですね。

特に情報には弱いので、新しい単語を使った健康法は

マスコミの良いネタになります。

 それで経済が回っているところがあるので、仕方がない気も

しますけど。「本当はどうなんだろう?」

常に自分に問いながら、生活をしていきましょうね。

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

            佐野よう子さんのメルマガより引用

             http://mamakara.info/wp/

        今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)