宇宙からの預かりもの (3-2) 第 150 号

 私達は、この世に生を受けて以来、衣類とか宝石とか

電化製品などの見回り品から、財産、肩書、権力の類

(たぐい)に至るまで、いろいろなものを所持してきまし

たが、それでもまだ足りず、もっとたくさん、より良い

ものを所持したいと願っています。

 しかし、そうしたものを所持して「もうこれで十分だ」

と満足する人は少なく、次から次へと、新たな欲望がわき、

そのとどまるところを知らないかのようで、気がついた時

には、すでに人生の終着駅に着いてしまい、すべての

所持品をこの世に置き去りにして、あの世に行かなければ

なりません。

 よくよく考えてみると、この世で私達が獲得したものは、

生きるために必要な衣・食・住などの必需品以外は、ただ

自分の身辺を飾るアクセサリ-にすぎず、それらを所持する

ことは、ある程度自尊心を満足させても度が過ぎると、誇り

になるどころか埃となり、財産税や贈与税の対象となって

後継者を苦しめかねません。

 もし、そうしたものは、私達のこの世での一時預かり品で

あり、世間のために有効に使う手段を自分が託されているのだ、

という発想が出来れば、どれほど気楽でよいでしょう。

 禅者の澤木興道(さわきこうどう)師(1880-1965)はかって、

   「人生のしあわせは金持ちになることではない。‥‥

   ‥名誉や金は人生の最終価値ではないのだ。人生で

   しあわせなことは、人のためになることだ。人のため

   に一生を捧げた者は非常に尊い‥‥」

 と語っています。

 金品は、ためること自体に価値があるのではなく、それを

有効に使うところに価値が生まれてくるものです。

「本来無一物」とは「もともと人間は裸で生まれ裸で死ん

でいくのであるから、生きている間は何も持たずにおれ」と

いう事ではなく、「なくてもともと」と考え、あるものは

所持品としてでなく、天からの預かり品として有効に使う

事を、すすめた言葉です。

   「世の中には一つとしてわがものというものなし。

   すべてただ因縁によって我に集まりたるものにすぎず、

   ただ預かるのみ」 『法句比喩経(ほっくひゆきょう)』

 ふつう私達は自分の体は自分の所有物だと考え、自分の自由

になるものだと思っているのではないでしょうか。

 しかし、はたしてそうでしょうか。自分の体が傷つけられて

血がほとばしり、「血液よ、お前は私のものなのだから止まって

くれ」と懇願しても血は勝手に流れます。

悩み事にさいなまれて、「神経よ、お前はどうして私をそんなに

苦しめるのだ。お前は私の所有物なのだから私を苦しめないで

くれ」と力(りき)んでみたところで一向に悩みはなくなりません。

               ( 長くなりましたので 第151号 に続きます )

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)