人間力を磨き.熱い.温かい力のある言葉を使える努力をする 第 141 号

あなたの人間力を高める

  今年1月23日(土)、

 1,200名もの『致知』読者が

 一堂に会した新春特別講演会。

 「人間力を高める」をテーマに

 全盲ろうの福島智東大教授に渾身の

 ご講演をいただきました!

▼当日の様子はこちら

────────『今日の注目の人』──

◆「ぼくの命は言葉とともにある」◆

福島 智(全盲ろうの東大教授)

【DVD】『ぼくの命は言葉とともにある』

http://online.chichi.co.jp/item/8124.html

───────────────────

「夜の海の底に沈んでいくような感覚」

致知出版社新春特別講演に

ご登壇された福島智さんは、

18歳で全盲ろうになった時の心境を

そのように語られました。

光を失い、ついには音まで失ってしまった。

そこから福島さんは

いかにして生きる希望を見出し、

東大教授までの道を切り拓かれたのか――。

その心境の足跡を

50分のご講演を通して語られました。

福島さんはご講演の最後に

「ぼくの命は言葉とともにある」

と語られました。

実は『論語』の最後も次の言葉で

締めくくられています。

「言を知らざれば、以て人を知ることなきなり」

(言葉を知らないと、人を知ることはできない)

言い換えれば、

人間の命は言葉とともにある、

ということではないでしょうか。

「あらゆる人の命は言葉とともにある」。

光と音の世界を喪失した

福島さんが紡ぎだす一言ひとことから

その思いを強くすることでしょう。

 今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)