和太鼓の響きが脳を活性化させる 第 184 号

 日本人の感性にマッチするのでしょうか。近年、和太鼓の

愛好者が増え続けているといいます。

 和太鼓には私たちの心身を元気にし、子供たちの情操を

育む働きもあるようです。

 和太鼓専門の会社を立ち上げて30年。和太鼓の魅力を

伝え続ける東 宗謙さんのお話をお伝えします。

────────『今日の注目の人』──

◆ 和太鼓の新たな可能性を開く ◆

東 宗謙(太鼓センター社長)

───────────────────

 私たちの仲間が静岡県の特別養護老人ホームに

和太鼓の慰問に行きました。

 すると、「お年寄りたちの顔つきや反応が他の慰問の

時とは明らかに違う」と言われたというのです。

 医師である施設の理事長が不思議に思って、和太鼓

グループを10日間ほど施設に招いてお年寄りたちに演奏

を聴かせ、時には太鼓を叩かせて、どのような変化が

あるかを調べました。

 驚いたことに、39人の認知症のお年寄りの8割に改善が

見られました。

「きょう何を食べましたか」「子供さんの名前は?」

 といった30のチェック項目に対して、半分程度しか

答えられない軽度の患者の多くが20問以上回答できるよう

になったのです。明らかな変化でした。

 この奇跡に誰よりも驚いたのは、他ならぬ私自身です。

 大学の研究室でさらに調べた結果、太鼓の振動が前頭

前野を刺激して脳を活性化させることが分かりました。

 もしかしたら、伝統芸能である和太鼓の響きが、お年寄り

たちの心に作用して日本人としての魂を目覚めさせたのかも

しれない、そう1人で合点したものでした。

 長年、和太鼓をビジネスとして確立させることの難しさを

味わってきた私にとって、疾病予防、健康増進、職場の

ストレス解消、さらには体力づくり、仲間づくりにと

和太鼓の可能性が開けたこと、

 そして、そこに関連する仕事が増えてきたのは何よりの

喜びです。

 ソーシャルビジネスであると確信する理由もそこに

あります。

※和太鼓のさらなる魅力、教育面での効用などに

ついては本誌をご覧ください。

『致知』 2016年4月号  「致知随想」P92       

     今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                ございました。 感謝!

九 州 方 向 に 祈 り を こ め て !!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)