最善の努力を尽くして天命を待つ (2-1) 第 160 号

   心(こころ)の矢(や)は石(いし)にも立(た)つ

 中国の漢の時代に、李広(りこう)という弓の達人がいて、

匈奴(きょうど)を征伐(せいばつ)するとき、右北平

(うほくへい)というところで猟を試み、草のなかの石を見て、

さては虎だと思い、一念をこらして矢を放ったところ、うま

く当たったので、駆けつけてみると、それは虎ではなく石で

あった、という。

 この故事から「思う念力岩をも通す」ことのたとえに用い

られています。

 ふつう、私達は試験や仕事や事業などに成功すると、その

原因を本人の能力や努力や運に求めるようです。

 そして、万一、失敗したときには、本人の能力や努力にそ

の原因を帰するとなると、逃げ場がなく救いようがないので、

たいていは運のせいにして、その場を取り繕い、「自分は最善

の努力を尽くしたにもかかわらず不徳のいたすところで失敗した」

といって責任を運に転嫁してしまう。

 そうすれば他人からの批判をかわすことが出来るし、自分を

責めなくても済むことになります。

 そこでは、本人の能力のなさもハレモノにさわるように、不問

にされ、他人から問題にされることはほとんどありません。

 私達がよく耳にする「人事を尽くして天命を待つ」というのも、

能力はさておき、最善の努力をしてあとは運を天にまかせる、と

いうことで、努力か運かの二者択一を迫る言葉です。

 私達はたいてい、努力をしないで運を天にまかせるよりも、あく

までも成功は本人の努力次第という「努力至上主義」を取ることに

なります。

 こうした考え方から、日本人はとかく猛練習や特訓を好み、世界に

冠たる教育熱心や進学競争を生む原因となったのでしょう。

 その点、欧米人はどちらかといえば本人の能力を重視し、先天的な

才能や後天的な社会環境によって既に格差があるのだから、能力に

応じて努力すればよいという道を選び、本人の努力次第という苛酷

(かこく)な競争を回避する傾向があります。

 こうしてみると、日本人は欧米人のように能力本位の客観的条件

よりも、本人の努力次第で必ず報われるという、自律的条件を重視

する国民だといえましょう。

 確かに、ゆき過ぎた「努力至上主義」はいろいろな弊害(へいがい)

を伴い、その限界をわきまえないと自主規制のブレ-キがかからず、

個人や集団を狂気や過労死に追いやることもありえます。

 しかし、はじめから能力の格差にかまけて努力することをあきらめ、

競争に負けた原因や責任を他に転嫁することは、人間の進歩・向上を

無視した生き方といえます。

                ( 長くなりましたので 第 161 号 に続きます )

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)