最善の努力を尽くして天命を待つ (2-2) 第 161 号

 今日では個人の自由は保障され、本人の能力や努力次第で経済的

な進歩・向上の道は開かれています。

 しかし、それによって個人間の格差が、ますます拡大し、無制限

な競争は対立・抗争を生み、結果的には、社会福祉などの救済措置

が必要になってきます。

 いずれにしても、人間の欲望の拡大は両刃(もろは)の剣で、抑圧

すればやる気をなくし、放置すれば他を疎外(そがい)する危険を

はらみ、人間同士の公正なル-ルづくりが望まれます。

 経済面での欲望の拡大はいざ知らず、精神面での内面的な能力の

進歩・向上には、他を疎外する要因が少なく、自分との戦いです。

「精神一到何事か成らざらん」で、そのくらいの気概(きがい)が

なければ苦難に打ち克つ事は出来ないでしょう。

「断じて行えば鬼神もこれを避く」とか「なせばなる、なさねば

ならぬ何事も、ならぬはなさぬ人にこそあれ」といった格言も、

一見不可能なことを可能にする不退転(ふたいてん)の心構えを説いた

ものでしょう。

 自分にとって最大限の努力をし、その結果は天にまかせるくらいの

気概がなければ何事も成就(じょうじゅ)しません。

 鎌倉時代の道元禅師(どうげんぜんじ)(曹洞宗の開祖・1253年寂)も、

   「切(せつ)に思わばかならず得べし」と語っていますが、

 そうした努力が自分の能力を開発していくのではないでしょうか。

 現代人は、とかく自分の能力を過少か過大に評価し、自分の能力の

限界に達する以前に根負けしてあきらめるか、怖さ知らずで限界以上

のものに挑戦して自爆する人を見かけますが、ともに自分の限界を知

らないことによります。

 最善の努力を尽くして「もうこれ以上はどうにもならない」という

自分の限界が分かれば、たとえ努力の結果が失敗に終わったとしても、

「自分にはこれだけやれた」という満足感がわき、悔いはない

でしょう。

 ところが限界を知らない人にとってはただやみくもに挑戦し、結果が

悪いと自責の念に駆られるようです。

 おそらく冒頭の句は、いかなる難問に遭遇しても、最善の努力をし

さえすれば突破できるということではなく、自分の能力の限界に挑戦し、

いくらかでも、その限界を拡張して、「自分の一番になる」ことでは

ないでしょうか。

その結果、奇跡が起きるかどうかはどうでもよいことです。

              ( 仏教伝道協会 みちしるべより )

  今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)