危機を避けることも重要な危機対処法の一つ (2-1) 第 194 号

 ゾルゲ、ラストボロフ、レフチェンコ、瀬島龍三、秘密

メモ全公開!!

 日本に侵入した様々なスパイたちの捜査秘話を含め、

自らがアメリカでスパイ特訓を密かに受け、時にはスパイ

を操った事実を初告白。

はじめに 私とスパイたちとの関わりを書く

  第一章 父弘雄とスパイゾルゲはいかに関係したか

 小学生の時から、ゾルゲ事件で逮捕され処刑された、

あの「尾崎秀実」を間近に観察し、父が連座して特高に

逮捕されるかもしれないと怯えた日々……。戦後、警察官

になったとたんにラストボロフ事件が発覚し捜査にも協力。

香港では台湾系スパイを運用するかたわら

英国MI5に監視される。その姉妹組織MI6のスパイでも

あった作家フォーサイスと知り合えば、作中、実名で登場

する羽目に……。佐々流の波瀾万丈のノンフィクション・

スパイ・ストーリーの開幕─。

・私の警察、防衛における職歴年譜のなかで、謎の空白と

なっていた1959年11月から1960年7月の半年間、

実は密かにアメリカに派遣され、ジョージタウン大学の

「研修生」という名目で、アメリカのFBIやCIAで

スパイ摘発のさまざまな訓練や学習を受けていたのだ。

 そのときの体験が、その後のスパイや過激派との戦いに

おいて役立ったことはいうまでもない。

・警察に入って以降、警察、防衛、内閣と歩んできた私の

危機管理人生を振り返ると、経歴としていちばん長いのは、

「外事警察」の情報官・捜査官である。

・1965年から2年半、私は香港領事を務めていた。

大陸情勢について元国民党政府軍准将の孫さんから

アドバイスをもらっていた。この老紳士が、暗号名エルピー

という日本の外務省の極秘エージェントであり、警察から

出向して領事を務めていた私が運用するスパイであった。

・香港領事時代、香港のストーンカッタース島で日本海軍

将兵の遺骨収集を行った。その夜遅く、疲れ果てて

帰宅すると、見計らったように孫さんが現れた。我が家の

ベランダからビクトリア湾越しに見える、闇に浮かんだ

ストーンカッタース島に向かって合掌し、「国のために

戦って死んだ軍人の霊は慰めなければいけない。戦死者を

大切にしなければ、いい軍隊は育たない。感銘をうけた」

と言って、戦死者に黙祷を捧げてくれた。

・「インテリジェンスとは紳士のホビーである」と、

英国人は言う。

イギリス国外での諜報活動を担当するMI6(秘密情報部)

は、組織の長が誰なのかずっと秘密にしていたが、公表する

ようになってトップが「サー」であることがわかった。

貴族の職務だったのだ。

 佐々淳行『私を通りすぎたスパイたち』

     の詳細,amazon購入はこちら↓

            http://amzn.to/1PYeIhe

    今回も最後までお読みくださり、

          ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)