本気で願い思い続ければ奇跡が起こる 第 205 号

 山田恵諦という天台宗の高名な僧侶が

いらっしゃいました。

 山田さんには、戦時中に体験された

不思議な話があります。

 ご子息の山田能裕さんに

お話しいただきました。

────────[今日の注目の人]───

◆ 父・山田恵諦に教わったこと ◆

山田 能裕(比叡山瑞応院住職)

───────────────────

 敗戦の色が濃くなってきた昭和19年3月から

7月にかけて、父は沖縄に出向き、ブタノール

という新製品の完成を祈願しておりました。

 当時、沖縄の父からの手紙は同じ内容の

ものが決まって二通届きました。

 届かない場合を考えてのことですが、

それほどまでに戦況は厳しくなっ

てきていたのです。

 4か月の祈願を終えて那覇港から鹿児島港

に船で帰る時も、多くの学徒動員の学生や

疎開する小学生を乗せた10艘以上の船に、

護衛艦がつけられないほど物資や兵士

が不足していました。

「いつ敵が襲ってくるか分からない状況の

中で、この子供たちを一体誰が守るのか」

 そう思った時、父の頭に浮かんだのは、

沖縄に滞在した期間中、繰り返し読み

続けた「観音経」でした。

「観音経」には一心に観音様を想い続ければ

必ず救ってくださる、と説かれています。

 父は何かに背中を押されるようにして、

真っ暗なデッキの上で夜を徹して「観

音経」を唱え続けるのです。

※「観音経」必死に唱え始めた山田さん。

 それは船員の心にある変化を起こします。

 船員の心はどのように変わったのか。

 その不思議な出来事はぜひ

誌面でお読みください。

『致知』 2016年5月号 

        連載「致知随想」P94

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)