大志を抱いている者ほど小さな物事にも力を尽くす (2-1) 第 207 号

 孫正義曰く「我々は松下幸之助より幸運だ」。松下

幸之助の薫陶を受け、孫正義の「参謀」を務める著者、

書き下ろしの最新刊。

「水道哲学」「貧乏の克服。人々の幸福と楽土の建設」

「250年計画」と松下幸之助が使命を掲げれば、

「原発ゼロ」「30年後に時価総額200兆円規模」

「300年続く企業を創ろう」

「情報通信革命を遂行し、世界中の人々を幸せにする」と

 著者はまえがきで孫正義と松下幸之助に対して下記の

ように述べている。私はこの二人に共通するのは

「大風呂敷」の思想であると考えている。

 「失われた20年」を経て、復活を目指す日本に必要

なのは優れたリーダーだ。それも世界に通用するスケール

を持った「大風呂敷」を広げられるリーダーである。

 わたしは以前、ソフトバンク社長室長を務めていた。

その前は、衆議院議員であった。2005年9月の郵政

解散総選挙で3期9年務めた議席を失った私は、その年の

11月からソフトバンク社長室長となった。

そこでは、「孫正義の懐刀、知恵袋」と呼ぶ人もいる。

 ソフトバンクに入社したのは、「瀬島龍三さんの

ような企業参謀、やがては国家参謀になりたい」と

いうことからだった。

 わたしが瀬島龍三氏に直接教えを受け、「参謀」と

いう生き方に魅力を感じたのは、松下政経塾に学んだ

縁である。

 松下幸之助と孫正義という2人の間には、共通する

経営者としての発想がある。

 卓越した先見性に基づき、100年単位のスパンで壮大

なビジョンを描く。

 ビジョンで夢を終わらせず、実行する。

そして、視線の先には単なる営利でなく、世界を変えると

いう志がある。

 「大風呂敷」とは、多くの人が実現不可能と思う高い

目標を掲げることを意味する。

 しかし、それが大風呂敷のままで終わるか、現実的な

目標に変えてしまうかは、掲げる人間の「実現力」による。

 では実現力が人並みなら、大風呂敷を広げないほうが

いいのか。

 普通の人が孫正義の真似をしても意味はないのか。

そうではない、と私は思う。

 孫さんはよく、「頭が干しきれるまで考えよ」と部下に

言う。

 このアドバイスは、「誰もが『大風呂敷』を広げられる

ようになるための方法」でもあろう。

 グーグルのCEOだったエリック・シュミットはこう

言っている

「我々の目標は、世界を変えることだ。金を稼ぐのは、

その費用を手に入れるための手段に過ぎない」

 GEのCEO、ジェフリー・イメルトはこう言った。

「GEで働けば、歴史を作り上げることができる」

 世界の経営者、特にアメリカの巨大企業のトップたち

は、莫大な利益の追求とともに、必ず地球規模の課題への

取り組みという目標を持っている。

 なぜ大風呂敷を広げるとまわりが支援してくれるのか。

ソフトバンクには多くの資金と人材が集まる。

 もっと大きな例でいえば、アメリカのシリコンバレー

には、世界中の投資家やエリートが集まってくる。

 これは「世界を変える」という「大風呂敷」が、

広げられているからこそなのである。

 ソフトバンクの営業力は凄い。具体的にどんな手法を

使っているかは、トップシークレットだから明かすわけ

にはいかないが、国会議員だった私が「こんなふうに

やれば選挙でも必勝だろう」と舌を巻くほどのものだ。

 だが、それだけの営業力を持ちながら、営業スタッフ

の力だけに頼らないのが孫正義だ。

 嶋聡

『「大風呂敷経営」進化論:松下幸之助から孫正義へ』

       の詳細,amazon購入はこちら↓

             http://amzn.to/1Hpd2jM

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                 ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)