大志を抱いている者ほど小さな物事にも力を尽くす (2-2) 第 208 号

 大きく広げ、細事にこだわる。大志を抱いている者ほど

小さな物事にも力を尽くし、遠大な考えを持っている者

ほど、細かいことを疎かにしない。

 GEのイメルトは、こう言った。「今日の激変する世界で

成功を左右するのは、何を知っているかではなく、

どれだけ早く学べるかである」

 大いなる素人集団のなかで、孫さんは率先して猛スピード

でその分野について学び、まずはグループ一の専門家に

なってしまう。そして、戦略のグランドデザインを描き、

具体的なアクションを起こす。

 社長がこれだけ勉強しているのだから、部下も必死で

後を追わないわけにはいかない。

 誰もまだ成し遂げたことのない、前代未聞の挑戦なら、

無理だと思ってしまうかもしれない。だが、よその国では

すでに成功例がある、あるいは、先人たちはもっとすごい

ことを実現した、と先行する成功例に目を向けることで、

「自分にもできるのではないか」という発想が生まれて

くる。

 そうなると、人は自然に、「どうすればできるのか」

と考えはじめるものだ。

 公共投資や補助金に頼らないのが孫さんの流儀であり、

ソフトバンクの価値観である。

 スティーブ・ジョブスは、スタンフォード大学の卒業式

で次のようにスピーチした。

「人生では、あらかじめ将来を見据えて点と点を結び

つけることはできない」

「そのときには無関係に見えるいくつもの点を後から

結びつけるのだ」

 大風呂敷の背景にあるのは、次のような原則だ。

1.目標は高く明確に。逆算方式で行動せよ。

2.時代に乗って実現力を手に入れよ。

3.リーダーとしての職人芸を磨くべし。

4.ただ一つの「成功のコツ」を心得よ。

5.大風呂敷は思想からはじまる。

 大風呂敷を実現するためには、たくさんの人を巻き込み、

応援と協力を取り付けなくてはいけない。

そのとき、大風呂敷のビジョン自体が魅力的であることは

当然、必要だ。

 真剣に考えれば、目標は明確な長期ビジョンとなる。

それは目標の実現に向けていつ、何をすればいいのかを

知るための最も簡単な方法である。

 リーダーとしての職人芸を磨くべし。経営者はさまざま

な分野の専門家を束ねて事業を運営する仕事だ。

 同時に、人心を掌握し、プロジェクトを指揮する一つの

専門職だと見ることもできる。

 ウシオ電機の牛尾治朗会長は、松下政経塾での講話で

「職人技術」としての社長業という話をしたことがある。

 リーダーシップを含めて、「企業経営というのは、

実は7割は職人技術なのです」というのだ。

 そして、社長としての職人技術を身につけるには、

「たゆみない訓練による熟練しかない」と。

 キャリアを真似することは難しい。だが、リーダー

シップもまた職人芸であり、リーダーとしての経験を

積んで熟練に至るのが重要である、

ということは誰でも学ぶことができる。

 出会いの奇跡を大切にする。

 孫さんは昔から使っているメールアドレスを今でも

残していて、そこには古い知り合いからの連絡が突然

来る。

すると孫さんは、多忙な身にもかかわらず旧友に会いに

いく。

 たとえ大臣との面会を打診されようと、友人との約束が

あればそちらを優先する。

 おそらく秘書課は大変な思いをしているだろうが、

それが孫さんの流儀なのだ。

 人との関係を大切にしていると、それまでまったく

無関係の点と点のように見えていた人同士が、思わぬ線

で繋がっているように見えてくることがある。

 スティーブ・ジョブスの言う「点と点をつなぐ」が、

人間関係でも起こるのだ。

 大風呂敷を広げる方法は、スケールの大きいことを

考えることばかりではない。

 今日出会う人との縁を大切にするという気持ち一つで、

ものの見方は変わってくる。

 嶋聡

『「大風呂敷経営」進化論:松下幸之助から孫正義へ』

       の詳細,amazon購入はこちら↓

             http://amzn.to/1Hpd2jM

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                 ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)