【10年後の常識!】 中高年で歩幅が狭く歩き方がぎこちない方 第 202 号

 

『健康度UPに役立つ77の方法』

No.10★「ストレッチボード健康法」★

(対象者と目的)

 歩くときの歩幅が狭い人、ふくらはぎがつりやすい人、

ハイヒールを履く機会が多い人、足がむくみやすい人、

スポーツ好きでもあまり歩かない人、 歩き方が美しく

ない人、足首の関節が硬い人に。

 ふくらはぎの筋肉を柔軟にし上の症状の緩和や、 そして

正しい接地姿勢を作ることで、 広い歩幅のスムーズな歩行

姿勢を可能にすること。 骨盤をはじめ全身の骨格を整える

下準備をすること。

(売りは)

 ストレッチボードは、 アキレス腱やふくらはぎを柔ら

かくする機器として広く知られています。

20年間にわたり数えきれないほど多くの人に使用していま

すが、 特に喜ばれているのは、 中高年で歩幅が狭く歩き

方がぎこちない方です。

 使用後は「足が軽くなり歩きやすい」とう声が多いです。

足首、アキレス腱、ふくらはぎ、ふともも、股関節等、

老化による影響や運動不足で足の後ろ側が硬くなります。

立位での体前屈がしにくくなったり歩幅が狭くなったり

しますが、 ストレッチボードがあればその改善と予防に

使えます。 1~2分の短時間「ながら」で習慣づけることも

可能です。

「地に足が付いた歩き方」をするためには、 歩行中、後ろ

足は足裏全体で地面をつかむように歩くことが大切ですが、

そのためには、ある程度柔らかい足首が必要です。

あまり言われていませんが、 立っているだけでアキレス腱

からふくらはぎが伸びて、 自然と歩幅が伸びるように

なるのが一番の売りです。

 さらに、そのまま前屈するとふとももの後ろ

ハムストリングも伸び、 下肢の後側全体のストレッチが

できます。 この下肢の後側の筋肉が萎縮すると、 歩幅が

短縮して質の悪い歩行しかできなくなるのです。

だからこそ、萎縮しやすいそれらの筋肉をストレッチ

できる、 ストレッチボードは価値が高いわけです。

(使い方)

1.転倒の危険がない場所にストレッチボードを置きます。

2.適当な角度をつけて固定します。

3.全身は地面と直角になるように立ちます。写真1

2015680076

4.バランスに余裕がある場合に限りボード上で体前屈します。

写真2

2015680078

ボード上の足の位置は写真を参考にしてください。

P1050845

 つま先が内外方向にぶれずに左右対称となるのが理想的

ですが、 足首やひざ、股関節、骨盤にゆがみがあれば、

徐々に左右対称になっていくというイメージをもち、

習慣づけて気長にやってください。

(プラスαの心がけ)

 しっかり地面をつかんで歩くイメージを持ちボードに

立とう。

 究極の健康法は正しい歩行にあると考えていますが、

そのためのワンステップとしてもストレッチボードは

重要です。

人類健康化の水先案内人/岡田さいじさんのブログより

                    許可を得て転載

 ブログ・所長の引き出し   2015年12月 20日 発行

                   NO.10   ★「ストレッチボード健康法」★     

             http://kenkokagaku.lekumo.biz/blog/

 【真理にかなった施術法&健康法の選別と開発】

   大阪市住吉区帝塚山東3-4-10健康科学整体研究所 

      http://kenkokagaku.net/

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                   ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)