どんなことでもやればやっただけ変わる・実現する 第 224 号

「なにひとつ取り柄のない男」と長年言われつづけた

著者。

 しかし、運がいいとき、「なに」が起こっているのか?

それは、どうすれば再現できるのか?ということに

気づいてからは、あらゆる願いをかなえ、年収3000万円

にまでなり、心も生活も豊かになりました。

 じつは、「ありえない運のよさ! 」というときは、

2つのことが必ず起こっているのです。

 ひとつは、超意識からの「サイン」。

それは「偶然のような必然」であり、宇宙のサインと

呼べるものです。「ふと、思いついた心の声」

「聞いたとたん、心がザワつく言葉」「思いがけない

協力者」……こんなサインがやってきます。

 また、いくらサインがきても進まないことには、

行動しないことには、なにも起こりません。その

行動の源の力になるのがエネルギーです。

つまり、運がいいとき、必ず起こっていること

 2つ目は、「エネルギー」が燃えているのです。

本書では、どうすれば、超意識から「サイン」を受け

取れるのか、どうすれば「エネルギー」がわいて

くるのかを、論理的に解説。

 運がいいとき、「エネルギー」が燃えている。

 サインには2つある。シンクロニシティとヒラメキ

である。

 内側から湧き出る「天の声」を聞け。

 感覚を研ぎ澄ませば研ぎ澄ますほど、情報は自分自身

から隣人、そして世界全体へと広がっていく。

 世界は潜在意識ですべてつながっている。

 歴史上の天才と呼ばれる人物は、それまでの常識から

かけ離れた発想をするが、その情報源はすべて超意識

からのもの。

 ストレス状態で質問を繰り返すと、それがリラックスに

転じた瞬間、答えがやってくる。

 それは唐突としてやってくる、まさしくヒラメキだ。

 合言葉は、「どんなことでもやってみよう」

 思いつくことはいろいろあるはずだ。

 思いついてしまったら、とにかくどんなことでも

やろう。

 何もしなければそのままだけど、どんなことでも

やればやっただけ変わるってこと。

 思い通りに進んだら、「ありがとう」。

 思い通りでなかったら、「これは何かある」。

 経営者に聞いてまわった「絶対絶命のピンチ脱出法」

それは、「最後は気合い」ということ。

 一人になれるところで、思いっきり叫ぶこと。

 「雄たけび」を本気でやると、瞬間的に劇的に体感が

変わってしまう。

 声を出せば出すほど、エネルギーがチャージされる。

 ピンチ脱出法でも、祭りでも、そこに共通するのは

「声」を出すこと。

 お金は、エネルギーそのもの。

 社会に与えたエネルギーの多くが、お金として返って

くる。

 お金を得たければ、まず与えること。

 大きなエネルギーを出せば、それだけ大きなエネルギー

(お金など)が入ってくる。

 一日5分の妄想は、現実になる。

 運がいい人とは、喜びに包まれている人であり、愛と

感謝に生きている人。

 この宇宙は愛と感謝で成り立っている。

 そして、存在そのものがすでに喜び。

ただ、「ある」だけで価値がある。

 人生は「お祭りの射的ゲーム」、どんどん撃ちまくれ。

 だけど、ぶっちっけ言うと、運をよくするって簡単だ。

その唯一の秘訣は、動くこと。

 石田久二『運がいいとき、なにが起きているのか?』

     の詳細,amazon購入はこちら↓

           http://amzn.to/1JPFJQO

    今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)