回り道をしながらもそれを乗り越え自らの志を実現していきます 第 226 号

 積水ハウス社長の阿部俊則さんは若い頃、自己主張

が強い、扱いにくい社員だったそうです。

 阿部さんを変えるきっかけとなったのは、ある一冊の

本でした。

────────[今日の注目の人]───

◆ 謙虚、感謝 ◆

阿部 俊則(積水ハウス社長)

───────────────────

 営業に配属が決まり、働き始めた私でしたが、いま

振り返ってみても、「自分が、自分が」と自己主張の

強い、扱いにくい人間だったと思います。

 実際、上司や同僚と意見が合わず、衝突することも

度々で、決して順風満帆なサラリーマン人生という

わけではありませんでした。

 とはいえ、与えられた仕事には、情熱を持って

取り組み、当時の名刺にも「二十四時間営業」と、自宅の

連絡先まで載せて、がむしゃらに働きました。

 そんな私の支えになってくれたのは、

城山三郎氏の伝記小説や歴史小説でした。

 城山氏が描く人物は、意に沿わない環境や艱難辛苦に

何度も直面し、回り道をしながらも、それを乗り越え

自らの志を実現していきます。

「あの歴史上の人物もこんなに苦労し、失敗したのか」

「こんなふうに困難と向き合ったのか」

と、読むたびに勇気づけられたのです。

 そして、三十代で出会い、貪るように読んだ

松下幸之助氏の『指導者の条件』が、私の生き方を大きく

変えることとなりました。

 本書の中に繰り返し出てくる……

※阿部さんは松下氏の言葉で「自分が、自分が」という

性格を変革し、その後の仕事や人生を大きく変え、

やがて経営リーダーとして大成していきます。

『致知』2016年5月号  連載「私の座右銘」P76

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)