時は進化!!立体の3D映画や画像に合わせて座席が動く4D映画まで 第 227 号

 複数の作品を常に上映しているシネマ

コンプレックスは、いまや私たちの生活に身近な

存在です。

 実はこのシネマコンプレックスを陰で支えるのが、

牛尾治朗さんが会長を務めるウシオ電機。

 驚くべき日本の技術について紹介された対談記事

を紹介します。

────────[今日の注目の人]───

◆ 絶えず視座を高めて道を開いてきた ◆

牛尾 治朗(ウシオ電機会長)

───────────────────

【牛尾】 

 最初は自分一人の視点で戦略を練っていたのを、

自分の周りのブレーンの幅をグローバルに

広げていって、重要な局面に差し掛かる度に

相談できる状況をつくっていったんです。

 もちろんすべてが上手くいったわけでは

ありませんが、そうしてより的確な見通しを基に

戦略を立ててきたことで当社の今日があるんです。

 一つ上手くいった例をご紹介すると、当社は

クセノンランプという太陽光線に近い映写機用の

光源をつくることに成功して、その後、米国の映写機

メーカーを買収したことで映画を上映するシステムを

トータルに扱うメーカーとなりました。

 光源メーカーである日本の当社と映写機メーカーで

ある米国の関係会社が、まさにグローバルを分母に

してシナジー(相乗効果)を創出し、フィルムを必要

としないデジタルシネマプロジェクターを

開発したのです。

 現在展開されているシネマコンプレックスでは、

ほとんどがこのデジタルシネマプロジェクターを

導入していて、私どもがかなりシェアを

持っているわけですよ。

 このシネマコンプレックスというのは、映画の

スクリーンがいくつもあって、複数の作品を常に

上映していましてね。

 そこではモノクロのフランス映画から、立体の

3D映画や、画像に合わせて座席が動く4D映画

まで、好きなものを選んで観られますし、綺麗な

ロビーやスイートルームも完備してあって、

事前に予約すれば必ず座って観られるように

してあるんです。

【小林】 

 それはすごいですね。

【牛尾】 

 もう昔の映画館とは全然様相が変わって

いるわけですが……

※対談はこの後、日本人と米国人のマネージメント力、

発想力の違いなど幅広く展開していきます。

 世界的に活躍を続ける日本の大企業経営者ならではの

話の内容は、ぜひ誌面でお読みください。

 『致知』2016年5月号  特集「視座を高める」P10

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

                ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)