神様からお借りした体を綺麗にしてお返ししなくてはいけません 第 228 号

 『悪魔の手先』と言われる白砂糖ですが、

なんといっても怖いのは、やめられないこと

なのかもしれません。

 私も小さい時には糖漬けの生活をしていたので、

白砂糖の甘みが体に入って「気持ち悪い」と

感じる体質になるのに、時間がかかりました。

 体が弱かったために、排毒をする力もなくて、

本来なら出るであろう、ニキビや吹き出物も

まったく出ませんでした。

しかも、悪いことに太らないのです。

 一度にショートケーキを2個食べても、

ご飯の後にお菓子をパクついても、

まったく太ることがありませんでした。

 勉強していないということもありますが、

そんな体質だったので調子にのっていた

時もありましたね。

 ご飯も毎回2~3人前は平らげていたのですが、

お菓子に関していえば底なしでした。

 小学生の頃は1回に2個ずつ食べていたケーキも、

中学生になって調理ができるようになると、

『安くたっぷりと食べられる』という理由から、

手作りをするようになりました。

 ストレスが溜まったと云っては、お菓子を

買い込んで食べるクセは、社会人になっても

抜けきらなかったくらいです。

 ここで1つ、断りを入れておかなくては

いけないのですが、我が家は私が小6の頃から

食事療法で玄米を食べるようになりました。

 しかし、今から考えればとてもゆるい

食事療法だったんですね。

 もしかしたら、急に白米から主食が玄米になった

ことで、母は私達子どもに気を使っていたのかも

しれません。

 とにかく、ご飯は食養を心がけようとしながらも、

菓子だけはゆるく食べ続け、玄米を食べては

体が喜ぶという変わった食生活を送るように

なったのです。

 そんな私が本気で白砂糖をのぞこうと思ったのが

社会人になって2年目の頃。

 生理痛がひどくて、毎月の有給が生理休暇で

消えていく──

 嫌だと思いましたね。

私の有給は寝るためにあるんじゃない!

 えぇ、どこまで遊び人なんだと自分でも呆れますが、

人が変わるためのエネルギーというのは、

そんなものです。

 いや、もう少しまともな理由もありましたよ。

このままでは、子宮か卵巣が危ないかもって。

 焼き鳥屋の娘が私と同級生だったのですが、

20歳の時に卵巣を片方切ったんですよ。

怖いなって思いましたね。

 それに、砂糖の害で心身ともに壊れて

いった出来事もあったのです。

◇◆──────────────────※

    気付くのに遅過ぎはない    

 ※──────────────────◆◇

 婦人科系で痛い目にあっても、精神的に

おかしなことになったとしても、命がある以上、

 神様からお借りした体をお返しするときには、

綺麗にしてお返ししなくてはいけません。

 料理を渡すのに使った器が、汚れたまま返って

きたらガッカリしませんか?

 綺麗に洗って「ありがとう」の言葉が添えられて

いたら、やっぱり嬉しいですよね。

 また、料理をあげたいと思うでしょ?

次は、もっと美味しくて手の込んだ料理を

上げたいと思うでしょ?

 神様だって、同じ気持なんですよ。

【甘味料】

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

           佐野よう子さんのメルマガより引用

          http://mamakara.info/wp/

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

              ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)