甘い物はやめておこう=自分を大切にしている証拠 第 229 号

高校時代は月に1回40度近い熱を出し、生理痛でも

学校をお休みしていました。

 今考えれば、よく卒業できたと思うのですが、

務めた会社は、3年持たずにやめてしまったんです。

 会社に務めてからは熱を出すことがなくなったの

ですが、生理痛は毎月ひどくなる一方で、排卵痛

からPMSまで、ひと月の中で気分の良い日が、

まったくなくなってしまったのです。

 それに加え、私の就職先は印刷の会社だったので、

締め切りに追われる仕事だったのです。

 終わらなければ、帰れない。毎晩0時近くまでの

残業とストレスは、私の過食に拍車をかけました。

 そしてある日、会社をやめた時には、体よりも

精神的におかしくなっていたのです。

 当時は人間として、ギリギリでしたね。

 寝るも辛い、起きるも辛い。明るいも辛い、

暗いも辛い。

 音楽をつければうるさく、消せば静か過ぎる。

本を読んでも集中力がない。

テレビを見れば、画面事に変わる

光の強弱に耐えられない。

 一般的には体に出るであろう砂糖の害も、体が

悪すぎて体に出たらアウトだと思ったのでしょうか。

 会社をやめて、こんな症状が出るまでに時間は

かかりませんでした。

 と、ここまで聞かれて「まだ、体が動くうちに

甘い物はやめておこうかな」と考えられたら、

自分を大切にしている証拠です。

 逆に、「そうは云っても──」と、やめられない

理由を考えてしまったあなたは、苦しまないと変わる

ことができないタイプかもしれませんね。

 ところで、甘いものが好きな人というのは、

大食漢だったりします。

 特に、甘いモノは別腹ですね。

 殆どの人は、甘いものも控えなくてはいけないし、

食べ過ぎにも気をつけなくてはいけないと

思ってしまうんですよね。

 それで、一度に甘いものと食べる量を控えるので、

長続きをしないんです。

 どう考えても、生活が変わっているわけでは

ないのですから、両方を減らしたらエネルギー

不足になりますよね。

 脳だって、満足できるはずがないのです。

 「急がばまわれ」ということわざがあります。

 まずは砂糖をやめてみましょう。

その後、脳が働くようになれば、自然と過食も

なくなりますよ。

 次回は、甘いものを控える時に、

食べても良いものの話です。

◇◆──────────────────※

       脳みそ、狂うよ      

 ※──────────────────◆◇

 あのね。本当に、良くわからないけど急に落ち

込んだり、少しのことでイラッと

したりするのは、人間じゃないからね。

 理性なんて、どこかに行ってしまう。

自制も聞かないし、犬猫以下だったから。

 だから今では、逆に何があっても動じなく

なったけどね。

【甘味料】

 まずは、調味料から変えてみてましょう。

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

           佐野よう子さんのメルマガより引用

          http://mamakara.info/wp/

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

              ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)