人はおカネの匂いを嗅ぎ付けて寄ってくる = 2-1 = 第 234号

 23歳でアフリカ・ガーナに渡り、35歳で

ケニアで始めたナッツ・カンパニーで国

民の200人に1人の生活を支え、68歳

で数十億円の会社の株をケニア人

パートナーにタダ同然で譲渡。

 70歳を超えた現在も新しいビジネスに

挑戦し続けているスゴい日本人起業家。

 「自分の夢」を見つけるために大切なこと――

 「何かやりたい」を形にするために大切な

こと――そして、自分を100%フルに使

いきるために大切なこと。

 アフリカでたくさんの人から「お父さん」

と慕われ、国内外を問わず若手起業家

から圧倒的支持を集める著者が、人

生を後悔したくないすべての人に贈る

「夢を夢で終わらせないために大切なこと」。

 わたしの人生の旅は、東北の

田舎から始まった。

 20代でアフリカ大陸へ。ガーナ大学を

修了後、ケニアでさまざまなビジネス

を試み、35歳で立ち上げた小さな

ナッツカンパニーを世界5大

マカデミアナッツ・カン

パニーに育てるまでになった。

 このナッツ・ビジネスは最終的に社員数

4000人、契約農家5万軒、農場の敷地

面積は東京ドーム780個分まで拡大

し、私はケニアで25万人の生活

に関わることになった。

 それまで現金収入のなかった人たちが

きちんと収入を得て、家を建てたり、

子どもを学校に通わせたりできる

ようになった。25万人の生活

が大きく変わった。

 「何かやりたい」今は、その

気持ちだけあればいい。

 よく「やらずに後悔するより、やって

後悔したほうがいい」なんていいます

が、やって後悔することなど、

まずないのだ。

 自信には、根拠がないほうがいい。

 夢を叶えるには、根拠の

ない自信がいる。

 つらいとき、どん底にいるとき

ほど明るく生きる。

「根拠のない自信」がパワーを発揮

するのは、まさにそういうときだ。

 「オーナーシップ」があれば、

仕事は楽しくてたまらなくなる。

 必死にやらない、夢中でやる。

 五感を通して起こる、しびれる

ような感動に正直でいる。

 合言葉は「フット・ファースト」。

 ヘッドファーストで考え始めるから、

足がすくんでしまう。

 それなら、まずは「足を出せ」

というわけだ。

 ただし、ぼんやりとした

目標は立てること。

 身軽でいれば、チャンスをつかめる。

 佐藤芳之『アフリカで25万人の

       生活を変えた日本人起業家』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

    http://amzn.to/1Tkp5AC

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

           ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)