人はおカネの匂いを嗅ぎ付けて寄ってくる = 2-2 = 第 235 号

 動けば、偶然が必然に変わる。

 自分でも、本当に不思議だなと感じるのだが、とにかく

走り続けていれば、しかるべきタイミングで

しかるべき人があらわれて力になってくれる。

 いったん走り出せば「偶然」のほうから

 歩み寄ってくる。

そして、その偶然がやがて必然に変わってくる。

 本人が夢中で楽しそうにやっていれば、人は自然と

吸い寄せられる。

 問題は山積みでも、みんなでワイワイ言いながら

走ればこれもまた楽しい。

 人や偶然の力を借りる。それもひとつのセンスだ。

 まずは「形」にしてしまう。

 不安なときほど、動いてみる。

 新規プロジェクトを始めるとき、わたしはよく社員に

こういいます。「つくれば、人はやってくる」

 新しい農園に木を植えるときも、新しい工場を

建てるときも、わたしはみんなにこう声をかけるように

している。

 ある映画の主人公は、周囲にバカにされても構わず、

 トウモロコシ畑を切り拓き野球場を作り始める。

要は、つべこべいわず、さっさとつくってしまいなさい、

ということ。

 余計なことは考えず、とにかくやってしまえばいい。

 農園を耕して苗を植えればいい。

 工場を建てて製品をつくればいい。

そうすれば人はおカネの匂いを嗅ぎ付けて寄ってくる。

 私がケニアナッツをそれなりに大きくできたのも、

 「つくれば、人はやってくる」

と信じてやってきたからだ。

 実際に動き出せば、まわりの見る目が変わり始める。

 わたしには、足りない力がたくさんある。

 しかし、「でっかい絵を描く力」は誰にも負けない。

 未開拓の何もない草原を目の前にしても、ナッツの木が

すくすくと育っている「絵」、

 そしてナッツの殻を剥いたりローストしたりする機械が

工場にずらりと並び、みんながそこで楽しそうに仕事を

している「絵」が一瞬で、細部まで本当にいきいきと

イメージできる。

 つまり、何もないところに「絵を描く力」。

これは誰にも負けない。

 いつか自分のしている仕事が「ぴったりくる」

「世の中でやるべき仕事をしているな」

と思えたら、もう最高。

そのくらいのつもりでやればいい。

 「自分や己の会社の利害を超えたところに

 確信を持てれば、事業にスジが通ってくる」

 (NECの小林宏治)

 最初はみんなド素人。どんなにすごい人でも、

ゼロからのスタートだ。

佐藤芳之

 『アフリカで25万人の生活を変えた日本人起業家』

     の詳細,amazon購入はこちら↓

            http://amzn.to/1Tkp5AC

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)