問題解決には一つの共通点があり考えれば無数に方法がある 第 244 号

 私たちは、生きていく中で時に「もう駄目だ」

という壁に直面することがあります。

 しかし、ペンタゴン(米国防総省)の人々は、

どのような厳しい状況にも可能性を見出して

前進していく使命を帯びています。

 彼らはどのように可能性を見出していくので

しょうか。

 現役空軍少佐カイゾン・コーテさんのお話を

紹介します。

────────[今日の注目の人]───

★ ペンタゴンが教える心の鍛え方 ★

カイゾン・コーテ(米国国防総省キャリア)

───────────────────

 私は指揮官の一人として、どんな状況下でも妥協は

許されない立場でした。

 有能な部下の妻が不治の病に罹ったと聞いた時も

「すぐに帰りなさい」とは言えませんでした。

 部下の気持ちを察しつつ、組織を機能させて

いかなくてはいけない。

 そのジレンマがいかに苦しかったことか。

 湾岸戦争時、仲間の死に直面した兵士たちが

PTSD(心的外傷後ストレス障害)になるなど

厳しい場面を経験していた私ですが、北極の苛酷

さはそれをも上回るものがありました。

 北極でも砂漠でも、真面目で普段は完璧に任務を

こなす優秀な部下が途端に全く機能しなくなる

ことがあります。

 このような問題は人それぞれに条件も症状も異なり、

すべて同じ方法で解決できるわけではありません。

 しかし、私はその解決方法に一つの共通点が

あることに気づきました。……

※ギリギリの状態の中、見えてきた解決方法とは

一体何だっのでしょうか。

 それは実に意外なものでした。詳しくは誌面

をご覧ください。

『致知』2016年5月号  特集「視座を高める」P54

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

              ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)