相手の感情に強く訴え.共感を呼び.そして行動を起こさせる 第 239 号

 著者は情熱的なセミナーで

知られるシナリオ講師。

 ロサンゼルス、ニューヨーク、ロン

ドンなど、世界の映画産業、テレビ

産業の中心地でシナリオのセミ

ナーを開催している。

 彼のもとからは、35名のアカデミー

賞受賞者、164名のエミー賞受賞

者を輩出している。

 そのほか、企業家に向けたセミナーも

開催しており、トライスター・ピク

チャーズやゴールデン・ハーベス

トなどのメジャースタジオの

コンサルタントを務める。

 1991年には『J’accuse: Citizen Kane』

でイギリス映画テレビ芸術アカデミー

のアワードを受賞した。

 どうすれば、人の心を動かす

ことができるでしょうか。

 映画やテレビの脚本家、小説家、

劇作家であれば、誰もが知り

たいテーマだと思います。

 ただ、今の時代、特定の人たちだけでな

く、誰もが知りたい内容かもしれません。

 コピーライター、ウェブライター、

マーケター、講演講師、セールス

マン、ユーチューバー。

 彼らはみな、人の心を動かすテクニック

を必要としています。

 そのための一つのツールとして、ストーリー

を語ることも一般的になってきました。

 ところで、あなたは人を感動させる

ストーリーを創れるでしょうか。

 実際に行ってみると、非常に難しいと

感じた人も多いかと思います。

 例えば、開発ストーリーと共に自社の

商品を紹介しようとしても、なかなか

お客さんが反応してくれなかった。

 そういう経験があるかもしれません。

 どうすれば、人を感動させる

ことができるのか。

 それは、映画の脚本であっても、自社

の商品紹介であっても同じです。

 なぜなら、人が感動するのには

“原則”があるからです。

 小手先のテクニックやノウハウでは

なく、人間に普遍的な原則です。

 本書は映画の脚本に特化した

内容ではありますが、

 あらゆるビジネスに転用

できる原則なのです。

 つまり、それだけ彼の原則には

説得力があるということ。

 彼の原則は、あなたのビジネス

ライフに大きな影響を与えて

くれるに違いありません。

 ロバート・マッキー

  『ザ・ストーリー、物語世界を創造する』

    の詳細、購入はこちら↓

  http://directlink.jp/tracking/af/253378/Ha18bvE5/

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

           ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください