何が本当かわからないが注意が必要!! 転ばぬ先の杖 (2-1) 第 246 号

 中国の成長率は、やはり、とんでもないデタラメ

だった!! それどころか、日本はいまでもGDP世界2位の

経済大国、中国には「失われた100年」が待っている!?

 ソ連崩壊まで、そのGDPについて、世界は騙され

続けた。

公表していたGDPも、実際はその半分程度だった。

 かつ、国民所得の伸びに至っては10倍以上に偽装

されていたことが判明した。

 共産主義経済の「偽造統計」のカラクリを、

財務省で日本国のバランスシートを作った著者が、

徹底的に追及!!

 ソ連が崩壊したのは、その経済停滞が大きな要因だが、

ソ連を間違った方向に導いたのが偽装統計である。

 私は、中国経済の実態に迫るとともに、中国統計の

偽装についても調べてきた。

 そこから導き出された答えは、あまりにも悲観的な

中国の未来である。

 実は中国政府自身もそのことは十分に自覚し、

危機感を抱いている。

 看過しておけば、中国人民のみならず、日本を含め

た諸外国まで災禍に巻き込むことになる。

 実は半分しかなかったソ連のGDP。

大きな船が航海に出たとしよう。

 安全な航海には信頼できる海図と、航路を綿密に

調べ上げたデータ、そして船の正確な状況認識が必要だ。

 この船の航海は、国家の運営にもたとえられる。

 国家の政治経済の運営に必要な「海図」は、

各種統計データということになる。

 正確な統計データがあってこそ、国の進路を誤らない

政策が打ち出せるというものだ。

 社会主義国家の統計にはとんでもない問題がある

ことを筆者に初めて教えてくれたのは、加藤寛先生だ。

 先生はもともとソ連経済の専門家であったが、

経済統計がいい加減なので、それを正しく推計

するのがほとんどの仕事だと笑っていた。

 そうした社会主義経済や国営企業の酷さを学ばれ、

日本はそうならないよう民間主導経済で行かなければ

ならないと、常日頃語っておられた。

 日本の統計が信用できるわけ。

 日本は官公庁が統計データを取っていることが多い。

 その統計データは、いわば利害関係のない経済界、

すなわち民間が調査の対象となっている。

 だから悪い数字が出たとしても、それは自らの

責任でもなんでもない。

 のちの首相である李克強は遼寧省のトップである

党書記のとき、オフレコという前提で、次のように

話したといわれる。

「中国の経済統計、指標は全く信用できない。

遼寧省のGDP成長率も信用できない。

 私が信用してチェックしているのは、

わずか3つの統計数値だけ。

その3つとは電力消費量、鉄道貨物輸送量、銀行融資額。

 この3つの統計を見て、遼寧省の経済成長の本当の

スピードを測ることが可能になる」

  高橋洋一『中国GDPの大嘘』

     の詳細,amazon購入はこちら↓

           http://amzn.to/1VPtX4N

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)