何が本当かわからないが注意が必要!! 転ばぬ先の杖 (2-2) 第 247 号

 経済統計の数値の真贋を見抜くには、複数の統計を

合わせてみるとわかる。

 そうして矛盾点があるか整合性があるかを見極め、

統計数値の信頼性を測るのだ。

 中国の実際のGDPは3分の1か。

 粉飾の匂いがプンプンするのは工業成長率6%だ。

 こういった数値を積み重ね、重ね合わせていくと、

どうしても中国経済GDP6.9%成長というのは、

相当にゲタを履かせた数値だということが判明する。

 株式市場は、経済全体の動向を如実に表す、

映し鏡といえよう。

 株式市場は実体経済だけでなく、未来を見て動く。

そのため為政者は、常に株式市場の動向を気にする。

 サブプライムと同じシャドウバンキング。

 地方政府の債務問題は巨大な不動産バブルを

生み出した。

 これにはシャドウバンキングが絡んでいるため、

国有企業や地方政府が、自分たちの資金を投じた

カネの残高がわからないということだ。

 貿易量を計測する一つの手段として、

「バルチック海運指数」(BDI)がある。

 これは、ばら積み船運賃の国際市況を示すものだ。

ばら積み船とは、石炭、鉄鉱石、穀物などの乾貨物

(ドライカーゴ)を運び、「海のダンプカー」

の異名を持つ。

 その運賃の国際市況を示すバルチック海運指数は、

石炭や鉄鉱石など原材料の世界的な需要を反映

するため、世界貿易の動向を探る指数として

注目されている。

 習近平がどこまで軍の実権を握っているかは不明

だが、これまで人民解放軍は、政権に対して面従

腹背というスタンスを取ってきた。

 そのため、軍の暴走や暴発が起こらないとも限らない。

 そのとき中国では、経済のみならず、政治体制の

崩壊にもつながる。

 中国崩壊のインパクトが世界経済に与える衝撃は

凄まじいものになるのではないかと密かに

懸念している。

 中国人観光客の「爆買い」で潤っていたのは

日本の一部企業に過ぎず、たとえそれがなく

なったとしても、単に特需が消えるだけだ。

 AKBを輸出して民主化を。

 私は講演などで、中国の民主化を促進させるため、

中国にAKB48文化をどんどん輸出し、

上海AKB(SNH48)のようなグループを

各都市に作るべし、と提案している。

 講演会場からは笑い声が巻き起こるが、

私は半分、本気だ。

 AKBでは、選挙によって、立ち位置のセンター

や映画出演などが決まる。

 選挙は民主主義の根幹である。

 中国の人々に、「選挙はいい、民主主義も素晴らしい」

と思わせるのだ。

すると、「なぜ為政者だけは選挙で選べないのだ」

となる。

 中国の経済縮小、何よりその不確かな「偽造統計」が、

中国バブル崩壊後、世界にどれだけの影響を及ぼすのか。

 未曾有の大混乱がほぼ確実に起こることを前提に、

私たち日本人は備えていかなければならない。

  高橋洋一『中国GDPの大嘘』

     の詳細,amazon購入はこちら↓

           http://amzn.to/1VPtX4N

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)