私たちはいかなる時にも しっかりしているとは限らない 第 254 号

 ロンドン大学の教授で有名な森嶋道夫氏の

非武装中立論。

 これをばっさりと一刀両断したのが、21歳の

女性の投稿記事でした。

 あの評論家・福田恆存氏も感心した

その一文とは──

────────[今日の注目の人]───

 ★ 「これは素人の論文」 ★

占部 賢志(中村学園教授)

───────────────────

【占部】

 こんな事例がありました。

 かつて、ロンドン大学の教授で著名な

森嶋通夫氏が『文藝春秋』誌上で持論の

非武装中立論を展開したことがあります。

 国際的に知られた人物の主張でしたから、反響も

大きかったのですが、

 反論として見事だったのは、次号の投稿欄に

載った21歳の女性読者が綴った読後感でした。

 このことを私が知ったのは、評論家の福田恆存氏

が取り上げたからです。

 あの福田さんが感心したほどの一文でした。

【教師B】

 森嶋氏の非武装中立論というのは、具体的には

どんな考え方なんですか。

【占部】

 当時は冷戦下でしたから、我が国にとって

いちばんの脅威はソ連でした。

 森嶋氏はそのソ連が万一にも攻めてきたら、

「秩序ある威厳に満ちた降伏」

をすべきだと述べ、

 「ソ連の支配下でも、私たちさえしっかりしていれば、

日本に適合した社会主義的経済を建設することは

可能である」

と説いたのです。

【PTA役員A】

 侵略されたら降伏するのがいちばんという

わけですか。

 典型的な非武装中立論ですね。

【占部】

 で、このロンドン大学教授を向こうに

まわして、彼女はこう切り返したのです。

 「“私たちさえしっかりしていれば”という一項に

よって、これは素人の論文に終わった。

 私たちはしっかりしていない、

 もしくは私たちはいかなる時にも

 しっかりしているとは限らない……

 それが軍備ゼロで、降伏してから後、個々人が

尊厳をもって生きていけるだけの社会体制を

新たに築いていけるのか、私には不安だ。

 支配側の体制にいち早く順応して、そちらに

頭角をあらわす人々はどんどん出るに違いない」

【教師B】

 すごい洞察力ですね。21歳とはとても思えません。

【占部】

 森嶋論文の誤りを人間洞察を欠いた「素人の論文」

と一刀両断したのですよ。

【教師A】

 どうしたら、これほどの眼力を持てるので

しょうか。

【占部】

 この女性には、自分というものが見えている

のです。

というより……

※今回の連載では、様々なデータをもとに若者像を

浮かび上がらせる

 連載「日本の教育を取り戻す」。

 そこには、ちょっと意外なデータも…。

 続きは本誌でどうぞ! 

 『致知』2016年5月号  

     連載「日本の教育を取り戻す」P124

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)