健全な精神は健全な肉体に宿る = 2-2 = 第 231 号

 釈尊は、自分の肉体を酷使(こくし)し、犠牲にして

までも精神の孤高(ここう)をはかることが、ほんとうの

生き方であるとは思えなかったのです。

 「もっとましな、本当に人間らしく生きてきたという

実感の味わえる人生を送りたい」と願って、

 家庭を捨て世間を捨てて一介(いっかい)の世捨て人と

なって骨身を削り、あるいは瞑想に、あるいは苦行の

努力を続けてきたのですが、はたしてそれが、自分の

求めていた道であったのかどうか、疑念も湧(わ)いて

きたのです。

 むしろ、「健全な精神は健全な肉体に宿る」と

いわれるように、肉体あっての精神であり、肉体を

よく整えてこそ健全な精神が培(つちか)われるのでは

ないかと考えられたのです。

 ナイランジャナ-河のほとりのシャ-ラ樹の下で、

そうした思索にふけっていたところを、たまたま通り

かかった近くの村の娘スジャ-タ-の差し出した

乳粥(ちちがゆ)を口にして生気を取り戻し、岸辺の

水で沐浴(もくよく)してから、

 ブッダガヤ-の菩提樹(ぼだいじゅ)下に身を移して、

七日間瞑想にふけり、ついに悟りの大覚(だいかく)を

成就(じょうじゅ)されたのです。

 私達は今日、悟りを開かれた釈尊を「仏陀」と呼んで

いますが、「仏陀」とは、世の実相に目覚めた人、と

いう意味にほかなりません。

『中部経典』によると、釈尊がスジャ-タ-から食を

供されて口にしたのを見て、ひそかに父が釈尊のそばに

派遣した五人の従者たちは、釈尊が悪魔の誘惑に

負けてぜいたくになり、苦行を捨てて堕落(だらく)した

かと誤解し、当時、多くの修行者たちが集まっていた

西方カ-シ国のヴァ-ラ-ナシ-方面へ釈尊を見捨てて

去って行ったといいます。

 しかし、悟りの確信を得た釈尊は、「まことに熱意を

込めて思惟(しゆい)する聖者に、かの万法(まんぽう)の

あきらかになれるとき、その疑惑はことごとく消え去れり」

と喜びに満ち溢れておられたそうです。

 『無量寿経(むりょうじゅきょう)』には仏をたたえて

次のようにしるしています。

 「光顔巍巍(こうげんぎぎ)として威神(いじん)きわまり

なく、是のごとき燄明(えんみょう)、ともに等しきものなし、

日月摩尼(まに)の珠光燄耀(しゅこうえんにょう)なるも、

皆ことごとく穏蔽(おんぺい)して、猶(なお)し

聚墨(じゅもく)のごとし」

          ( 仏教伝道協会 みちしるべより )

 答えを教わるのではなく、自分で経験を積んで得る

  今回も最後までお読みくださり、

          ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)