夢に向かって爆走する桁外れの野心家 = 2-1 = 第 255号

 スティーブ・ジョブズを超える、いま全米一有名な男。

スタンフォード大を2日で辞めてペイパルを興し

170億円を得て、ロケット会社(スペースX)、電気自動車

会社(テスラモーターズ)を立ち上げ、民間初の

宇宙ロケットで国際宇宙ステーションドッキングに成功。

 世界最速のスーパーカーも発売。

 電気自動車、太陽光発電(ソーラーシティ)で環境を

守り、宇宙ロケットで人類を火星に送り込む……。

 彼は稀代のホラ吹きか、未来への先導者か! ?

イーロン・マスクについて描かれた世界初! の書籍。

 自動車王のヘンリー・フォード、

 石油の世紀を築いたジョン・ロックフェラー、

そしてパソコンで未来を創ったスティーブ・ジョブスなど、

天才経営者や偉人は数々登場してきた。

 しかし、その誰をも凌駕する桁違いの発想と、比類なき

行動力を持ち、アメリカ大統領以上に世界中がいま

注目する人物がいる。

それがイーロン・マスクだ。

 宇宙ロケット、電気自動車、そして太陽光発電。

この3つの先端産業で革命を起こそうと挑んでいる

異色の経営者である。

 イーロンが異色なのは外見ではない。

 彼が、金儲けのだめではなく、人類を救い、地球を

助けるために会社を起こしていった点であった。

 アメリカのペンシルベニア大学で物理学と経営学を

学んだイーロンは、スタンフォード大学の大学院に

進学したが、たった2日で辞めて、

ソフト制作会社を起業。

 その後、ペイパルの母体を築き、ペイパル社売却で

170億円を手にした。

 彼はロケットを従来の10分の1という激安な

製造コストで作り上げた。

 これだけでも驚くが、イーロンの視線は遥か彼方を

目指している。「人類を火星に移住させる」

これこそが彼の究極のゴールだ。

 大きなことをいう奴ほど、現場の実態など知らない

ものだ。しかし、イーロンは違っていた。

 ロケットに使う材料や溶接方法に至るまで細部を

知り尽くし、その上でロケット開発に挑んでいた。

 彼の卓越した能力の一つは、成功を単なる「点」

ではなく、「線」で捉えることにある。

 振り返ると、大学生時代のイーロンはたびたび、「人類

の将来にとって最も大きな影響を与える問題は一体何か」

と考えていた。

 そして、辿りついた結論が、「インターネット、

持続可能なエネルギー、宇宙開発の3つ」だった。

 彼の資産は、今や約8000億円と言われる。

 1971年、南アフリカの裕福な家庭で生まれた

イーロン・マスクは、幼いときから本が大好きだった。

弟たちがおもちゃに夢中になるのをよそに、「ロード

オブザリング」や「銀河帝国の興亡」に熱中し、

本を読みふけった。

 8歳でブリタニカ百科事典を全巻読破、小学校の

高学年になると10時間も本を読みふけることさえ

あった。

 10歳のときに彼は小遣いを貯めて、足りない分は

父に出してもらって、念願のパソコンを購入した。

 そして、プログラムの教科書を手に入れ、独学で

マスターしていった。

竹内一正

『イーロン・マスクの野望:未来を変える天才経営者』

       の詳細,amazon購入はこちら↓

             http://amzn.to/1QLjhyl

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)