夢に向かって爆走する桁外れの野心家 = 2-2 = 第 256 号

 彼はペンシルベニア大学で物理学を専攻したが、

彼ほど物理学的思考を実際のビジネスで、縦横無尽

に活用した経営者は他にいないかもしれない。

 物理学ではモノマネでなく、「原理」から思考を

展開する。

 ペイパル社にまつわる「ペイパル・マフィア」

という言葉をご存じだろうか。

 ペイパル社出身者の多くがその後、大活躍して

いることを表している。

 ペイパル社の卒業生はみんな世界中で輝かしい

活躍をしている。

 そして全員が、サイバー空間を戦場としていた。

 そんなペイパル・マフィアの中で、ネットの世界を

飛び出して、宇宙ロケットに電気自動車という「リアル」

の世界で戦うことを選んだ唯一の例外が

イーロン・マスクである。

 彼は、スペースX社のCEOであるだけでなく、

最高技術責任者(CTO)でもある。

 実際のロケット開発で様々な技術的な決断を下している。

「私は自分たちが作るロケットのあらゆることを

知り尽くしている」と言い切れるだけのハード

な努力をしてきた。

イーロンは詳細まで理解し判断していた。

 彼の天才的にして型破りなところは、このように

ロケットの詳細開発に入り込む一方で、NASA

から多額の開発補助金を引き出すというまったく

別次元の才能を発揮している点にある。

 理系の頭に、文系の交渉力を兼ね備えたCEOだ。

 しかも、両方とも超高度なレベルが要求された。

 イーロンの妻だったジャスティンは、夢を追い

かける夫についてこう評していた。

「彼は単なる夢追い人じゃなく、夢に向かって

爆走する桁外れの野心家なの」

 彼は奇跡的に、お金に振りまわされないための

「取扱説明書」を持っていたようだ。

 「相手が何を大切にしているかを考え、それを

形にできれば、相手は喜んでお金を支払う。

 お金は私たちの必要なところへ流れていくん

です」とお金の真理を示唆していた。

 21世紀のビジネス競争では、単品の性能を高める

だけでなく、全体を取り組んだ便利で使いやすい

システムを生み出すことが、成功の秘訣である。

 イーロンは車についてこう語っている。

 「人は車を購入するとき、実は自由を買っているのだ。

つまり、いつでも、どこへでも自分の行きたい

ところへ行くことができる」

 イーロン・マスクがやっているのは、地球さえ超えた

宇宙規模の壮大なスケールの事業であり未曾有の

チャレンジだ。

 彼の、国や政府さえ動かす破天荒な行動力を見て

いると、小さい心配事に気を取られている

自分が情けなくなってしまう。

 私達は運が良い。歴史上、類を見ないこんな

凄いことをやろうとしている男を、私たちは

リアルタイムで見られるんだ。

 イーロンの戦いを見ていると、自分の悩みが

何だが小さく感じられてしょうがない。

 我々は人類史上最も偉大で、歴史がガラッと変わる

大変革のときに、居合わせているのではないか。

竹内一正

『イーロン・マスクの野望:未来を変える天才経営者』

       の詳細,amazon購入はこちら↓

             http://amzn.to/1QLjhyl

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)